お知らせ

川上の古民家改装、6月6日(月)第2周目始まりました!

2022-06-06

毎度お世話になります、川上町の古民家改装中の中島です。

テレビもwifiももCSも繋がらない川上での情報源はAMラジオでございます。古い家でAMラジオを聴きながら作業をしてる我が姿は、田舎のおじいちゃんみたいな風格がただよってるかもしれません。

イヤイヤ、おじいちゃん風格出してる場合じゃなくて、ラジオの先に立て掛けてある商品陳列のネットやスチール棚を早く復帰させましょうね。

⬜️ どうも7月7日が御日柄もよろしいようで、この日を新規店舗の開業日にしようかと思います。

⬜️ おとといからエブリイ君に載せていた可燃ゴミを(昨日日曜は工場が休みだった)、やっと北部清掃工場に持っていきました。車内がずっと匂う(におう)なぁと思ってたら、中身だけゴミ袋に入れた「正露丸」の匂いでした。ゴミは全て捨てたのにまだ匂ってる。残り香が強烈過ぎ!「正露丸」。かつて虫歯にもこの正露丸を詰めてましたよねぇ(神経への麻酔作用がある)。

⬜️ 夏場にオススメ、ジューシーな果物

「セミノール」

ネットの情報では、オレンジのように「切ってスプーンで食べる」みたいな話にになってますが、普通に皮が剥けて食べやすいです。国内での改良品種かな?

サッパリとした甘味で水っ気の多い特徴は、夏場の水分補給にもよろしいかと思います。

⬜️ 本日のお弁当 物産館の「チキン南蛮」500円

「ほう、本日2回目の投稿が出来るとは。ヒマではないのですが」

2022-06-05

さあ、エブリイ君に「燃えるゴミ」満載で北部清掃工場に行ったのですが、入り口は門戸が半開きで「本日定休日」との案内看板が。

清掃工場って、何と日曜は定休日だったのですね。

以前、お客様方にお手伝いをいただいて、粗大ゴミを運んでもらった時が週末だったと記憶してて、ウッカリ年中無休かと勘違いしておりました。土曜は稼動、日曜は休みでした。

12時前には運び込めるように走ったもんですから、犬迫の

「味彩館 いなもり」さんでお食事をいただくのに丁度良かったです。昨日と2日連続です。

昨日はお昼の終了間際、本日は開店直後の11時30過ぎくらいだったので、両日ともお客様はほぼ私だけでした。(平日のお昼とかは結構混んでます)

本日の日替わり善のメインは「卵とじ」、食後のデザート&コーヒー共々美味しくいただきました!税込み1000円。ご馳走さまでした。

お外に、手作りのサイクルスタンドを発見しました!

入り口付近には、ちょっとしたオープンデッキもありました。

古民家自転車屋さんを準備中の私としては、色々とたくさん勉強になります。

「第1週 最終日 古民家の神棚を奉納へ(鹿兒嶋神宮)」

2022-06-05

坂之上サイクルの中島です。

川上町の古民家片付けですが、1カ月を目安に終えるつもりで進めております。本日が第1週目の最終日、進んでるような、進んでないような、ともかく底が見えないけど頑張ってます。

朝起きてすぐ働いてますので、12時間以上働いてると思いますが、何しろ通勤時間ゼロは最高ですね。

本日は雨模様にて、不用物を北部清掃工場に運ぶ予定で昨日のうちにエブリイ君に積み込んでますが、まだ早朝で清掃工場が開いてないので、神棚の「お炊き上げ(奉納処分)」をお願いしに隼人町の「鹿兒嶋神宮」までアルト君で走って来ました。

溝辺の鹿児島空港が近いので、飛行機が低空を飛んでます。

一般に、神様はお札に宿ってらっしゃるとの事で、古いお札は神社の「お札引き取りコーナー」に奉納するのが良いようです。

この古民家は我が実家ながら、不勉強でこれまで良く把握してなかったのですが(日々の礼拝も疎かでした。申し訳ございません)、神棚が元々2つあって、今回の改装で移設するにあたり、それらの詳細が少しわかってきました。

祖母の部屋にあった神棚には「鹿兒嶋神宮の古いお札があり、御祭神なのかコブシ大の石が鎮座してらっしゃいます。もう一つは何か神様の人形が色々祀ってあって、普段はこちらに礼拝してたのですが、どうもこちらは「大黒様」が祀って(まつって)あるのではないかという風に思い当たりました。

不勉強とはげに浅はかなものでございますねェ。もしかすると、祖母から幼少期に習っている事を忘れてしまったのかもしれませんが。

今回は神棚のある和室は両方とも改築するので、大黒様の神棚を残し、古い方の神棚を奉納することにして、鹿兒嶋神宮に「お炊き上げ」で処分してもらうというわけです。

鹿兒嶋神宮では、古いお札を納める箱が準備してあって、お札や熊手がたくさん入れてあり、また、中島のように、役目を終えた神棚を納めた方もいらっしゃるようです。

古いお札の奉納だけなら多分、境内への参拝でお気持ちや感謝を含めたお賽銭で良いのかなという感じかと思います。

今回の中島の場合、お札よりはボリュームのある神棚の奉納なのと、何が宿ってらっしゃいそうな「御石」も一緒にだったので、事前に社務所の方に断って、お参り料で5000円お願いしてきました。

神棚の処分でも、中には立ち会って神主さんに祝詞(のりと)をあげてもらう例もあるそうです。

神社に奉納された古いお札などは、「お炊き上げ」といって、感謝の意を込めて焼いてくださいます。

本日で何とか不用品の排出を終了させて、和室の改装工事の下準備を整えたいと思います。

「古民家片付け、第1週目 『粗大ゴミ排出終了』」

2022-06-04

川上町の古民家に移って第1週目が過ぎました。毎度お世話になります、中島です。

まだお店の体を成してない状況ですが、日々の進ちょくの様子をブログでお伝えしていきます。

川上町の古民家は元々中島の実家で、古くからのタンスや荷物が残っており、また、一人暮らしを引き揚げた際に運び込まれたままの親族の家具も多数あり、かなりの分量の粗大ゴミを排出しました。布団など、20枚ほど処分したかな。軽バンプラスαで7、8台分は出たかも。市民の一般ゴミの扱いで、北部清掃工場への持ち込みはトータル2、3百円の処分費用でした。(1回の持ち込みにつき、100kgまで無料)

家の改装工事は業者の方が入りますので、工事の排出ゴミは産業廃棄物として処分いたします。

とりあえず、中島はともかく栄養をつけてます。

⬜️ 6月3日(金曜)のお食事

川上町の「せきよしの物産館」のお弁当。物産館にある東屋で休憩していただきました。物産館のオーナーさんにめずらしいミカンもいただきました。 名前を検索までしたのですが、忘れてしまいました。アメリカ原産、グレープフルーツ系、剥いて食べられる食べ易さと、ジューシーな感じが良かったです。夏場のサイクリングの補給にピッタリかも。高いのかなぁ?

物産館の奥に、何とかというカフェレストランがあって気になってるのですけど、お昼は結構お客様が出入りしてますねェ。

⬜️6月3日(土曜)のお食事

犬迫町、「味のいなもり」さんです。

(川上町と北部清掃工場の中間地点くらいに位置します。レモンステーキの日暮里さん近く)

日曜サイクリングの際は、11時半からの営業という事で、タイミングが合わず、なかなか利用できませんでした。また、昨日も寄ってみたのですが、お昼は駐車スペースも道端も利用のお客様でいっぱい。

で本日は、昼の部は11時半から14時までのところ、13時55分だったのですが、快く受け入れてくださいました。

日替わり御膳、税込み1000円。

どうですかこのボリューム。新鮮なお刺身と、黒豆の甘味どころありの御前です。ご飯のお代わりを勧められました(たぶん無料)が、オカズのボリュームがあったので丁重にお断りしました。食後にはミニケーキとコーヒー付きでした。ご馳走さまでした。

元気出して行きましょう!

川上町へ!(←東開町←坂之上)越してきました!開店まで1カ月ほどお待ちくださいませ。

2022-06-02

おはようございます。坂之上サイクルの中島です。

さあ、川上町へ引っ越してきました。

お客様方の協力が無かったら、この川上町への移設も日程的に困難を極めたものと思います。重ね重ね、多数ご協力くださいまして誠にありがとうございました。

東開町の店舗設備を引き揚げる方は少しだけ余裕を持つて終える事ができて、おかげ様で5月22日の「ツールド南さつま」と、29日の「金峰レクの森MTB」にも顔が出せました。

とはいえ、中島、この引っ越しの有り様を内心では、

「壮絶な・・・」

と、考えてたわけでして、そしてこれからその「壮絶な引っ越し」、の後半と言いますか、メインイベントが華々しく開催されるのであります。

会場はこんな感じです。

いいでしょう(*^_^*)、素敵でしょう、羨ましいでしょう!ちょっとした「ゴミ屋敷感」でわくわくしますねー!

天気が良いので、外にもはみ出してみました。雨が降れば悲惨です。

ほらほら、素敵!

どうすんのよコレ、って感じで立ち尽くします。

そんな中島を見守ってくれる現場監督をご紹介します。

現場監督 兼 癒し係り一号 「モーモーちゃん」

現場監督 兼 癒し係り 二号 「サリーちゃん」(坂之上からのレギュラーメンバーです)

現場監督 兼 癒し係り 3号 「ちょっとおしゃまなクロちゃん隔離中」です。

ちなみに現在、通信回線は遮断中で、6月15日の回線再開までは不通です。

試しにお店の番号814ー7779にかけてみたところ、

「おかけになった電話番号は現在使われておりません、恐れ入りますが、番号をお確かめになって…」

とアナウンスが流れました。イヤイヤ、コレではお客様がビックリしてしまいます。

今回は不通期間を経た後は元の番号で再開するので、本来なら望ましいアナウンスとしては、

⬜️「移転のため、しばらく電話が使えなくなってます」

⬜️「移転のため、番号が変わりました。新しい電話番号は、、、」

⬜️「現在、電話機が外してあり使えません」

⬜️「ただ今、電話が使えない状態です」

などがあると思うのですが、現在契約中の「NTTドコモ光」電話に確認したところ、今のところ準備が無くて、不通期間は「使われておりません」の案内固定なのだそうです。

大変勉強になります。

ただ、このアナウンスしかないのではちょっと、NTTドコモ光電話を利用する事業者としては、この移転の不通期間にお客様にネガティブな印象を与えかねない事は懸念されるので、担当のサービスセンターには善処の要望を出しておきました。いずれ改善される事を期待します。

気分を取り直して、

この、「壮絶な引っ越し」を例えて、以前は、

鹿児島市の8.6水害の後に移設された甲突川の石橋になぞらえて、

(この壮絶な引っ越しを例えて)「まるで、石橋を分解して、また組み立てるような、さらに、ああ、バラした石に番号を書くのを忘れてた!」

くらい、壮絶、としてましたが、そんな例えではまだまだ甘かったようです。(石橋を組み立ててないのでどうか分かりませんが)

この壮絶な引っ越し、これからの再構築を含め、例えて言うならば、新しい表現はこうです。

「メタモルフォーゼ」です。そうです。

変身です。「ライダー〜、変身!!」です。

「トウッ!」です。

メタモルフォーゼとは、「変態」、または「変身」、あの青虫がサナギを経て、モンシロ蝶に生まれ変わるアレです。

本郷 猛が仮面ライダーに、いも虫がセミやカブトムシに、サナギマンがイナズマンに、メルモちゃんが大人の女性に、いも虫怪獣がモスラに、ジャンカーZがジャンボーク9になる、アレですアレ。

メタモルフォーゼ。変態。

いも虫かと思ってたら、なんか固まって(サナギ)しばらくしたら「蝶」が出てきちゃうって、イヤイヤ、いくら神さまの思し召しでも、随分無茶のある設定だと思うんですが。

サナギの中では一体、どうなっちゃってるのーって感じの、あの感じです。

※あの、トロけるタイプの、メルティな「ターミネーター」が出来上がる感じも似てますねェ。

まとめ

今回、この壮絶な引っ越しを、「メタモルフォーゼのような、壮絶な引っ越し」。略して「変態引っ越し」と名付けましょう。

我ながら、上手く例えられました。

さてさて、自然界では神さまが企画したDNAで自動でやってますけど、果たし中島、川上の古民家をイケてるサイクルプレイスに「メタモルフォーゼ」できるのでしょうか?

もしかして、奇跡のDNAが備わってたり、して、、、

すみません、また現実逃避して手が止まっておりました。いけませんねー。

という事で、お客様のお手伝い、引き続き募集いたしております。(*´∀`*)

« Older Entries Newer Entries »