自転車の最新情報、展示会やマニアックなこと、その他の日々のこと等

レベル☆プロ「ホイール組立・調整のお話し その1(編集しました)」

2022-09-21

 

 

かなりかなりお待たせしていた、お客様ご注文のロードバイクが入ってきて、ホイール調整に取り掛かっております。

中島です、毎度お世話になります。

まだまだ作業場がピシャっと片付いてないけど、オーダー分の作業を優先して進めています。

 

こちらのバイクのオーナー様、ご注文から6カ月もお待たせしているのですね。誠に申し訳ございませんでした。

 

さて、作業台にホイールがセットされたところで、振れ取り作業などの説明をさせてください。

 

 

 

参考ホイールはG社のロードバイク完成車のフロントホイールです。完成車のホイールチェックは、中島の組立作業に於いては必須としております。

 

完成車価格60万円クラスに装着のカーボンクリンチャーDISCホイールですが、やや気になる「振れ」がありました。通常走行にはただちに問題になるレベルの振れではありませんが、⬜️誤差0.5mm以下内程度にまで調整しおさめました。センターは出てました。

 

⬜️DISCローターロックナットの締め付けを確認、規定トルク値でしっかり締まってました。

 

 

※ ホイールの振れ幅って、どれぐらいが目安?

(新車時の工業規格のお話)

 

スポーツ車というより一般のカゴ付き自転車のデータですが、JIS(日本工業規格)の基準値を調べると、過去はリム制動のものは縦フレ横フレともに1.5mm、それ以外(バンド・ローラーブレーキなど)は同じく縦・横3mm内となってました。

2019年2月20日付けでJISの改正・追加があり、現在ではリム制動ホイールは縦・横とも1mm、リムブレーキ以外は同じく2mmが振れ幅の許容値になってるようです。

そして同改正で、レーシングバイク(ロードバイクなど)のホイール精度について、リムブレーキ・DISCブレーキにかかわらす、縦フレ横フレが0.7mm以下である事との規定が加わっております。

(MTBは一般車と同じで、Vタイプブレーキは1mm、DISCブレーキは2mmが振れの許容値)

 

 

 

 

 

⬜️振れ取り台の上で、ついでにDISCローター表面の脱脂もしておきます。

 

 

 

 

 

 

振れ取り作業用のニップル回し工具各種です。こちらは良く使うサイズをマグネットのプレートにくっ付け収納してあります。

 

 

 

 

ホイール用のスペシャルツールはとても多いです。専用ツール無しには、そのホイールの調整はできません。

 

 

 

 

 

 

こんな専用工具もあります。カンパニョーロホイール系のスポークを回らないように固定する工具。独特のサイズのスリットが切ってあって、スポークを回らないよう固定します。

 

 

 

 

 

 

画像では分かりにくいですが、ちょうど中指の辺り、ニップルのすぐ下の部分、スポークに二面の平らな部分が設けてあって、挟めるようになっております。

 

 

 

 

専用工具でスポークを挟んで固定しいる様子

このG社オリジナルホイール(スポークはDT系のものと思われますが)は、カンパの工具が適合しましたので、助かります。

 

 

 

 

 

 

スポークを回らないように固定した上で(黒い工具)、その下のニップルをまた別な専用工具(シルバーの工具ADEPT3.2mmスパナ)で回します。

普通の丸スポークの場合、ニップルを締めるとある程度共回りしてしまう(スポークがネジれる)ものなのですが、回り止め固定が出来るスポークだと(エアロスポークなども含む)、スポークを固定した上での微細なネジ締めが可能です。

8分の1回転だけの締め上げとか、4分の1回転だけとか。その分ホイールの精度出しも微調整が効くという事になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、、、

 

 

こちらはDT社の純正ニップル回しです。

ニップルを3面で挟む構造になってて、かなり強力に締めあげ出来ます。

ただし今回は、スポーク固定工具と一緒に使う事は出来ないので(ニップルから上も広く覆ってしまうので)、出番無しでした。

 

 

 

 

 

 

 

こちらは振れ取り台「TS-2」とスルーアクスルホイールの取付部です。スルーアクスル用のオプションパーツで固定します。

 

 

 

 

 

リムセンターゲージでホイールセンターを見ているところ。タイヤを装着したまま使用できます。

 

 

 

中島手持ちの工具は、通常のクイックシャフトでも使いやすいように、元々は穴のないところに穴空け加工を施してあります。

 

 

 

 

 

こちらのパークツール製 振れ取り台、一つ前の世代の製品で、下の段では142mmのスルーアクスルがギリギリ使用できます。パークツールの最新型振れ取り台は、ブースト規格の148mmにも対応している様子。

ただ、この振れ取り台でも、アクスル用のアダプターを使って上の段にかければ、ブースト規格のホイールも装着できます。

 

 

 

 

リヤホイールも調整が終了しました。リヤは目立った振れは無く、センターも出ていました。ローターのロックリング、カセットスプロケットのロックリングとも規定トルクで締まってました。DISCローターの脱脂も完了。

どこのメーカーとは限りませんが、DISC側はしっかり絞めてあるのに、カセットスプロケット側のロックリング締め付けが緩いケースが散見されてましたが、最近はそういった締め付け不足が減ってる印象で、良い傾向に思います。

中島の組み立て整備作業のほんの一端をご紹介しました。しっかりと調整されたホイールを装着し、全体整備もきっちりと終え、お客様が長らくお待ちになっていたロードバイクが完成いたしました。

 

 

 

以上、組み立て作業の現場からお送りしました。

本日もお疲れ様でした。

(≧∇≦)

レベル☆お店「店舗周辺の地図 作りました!」

2022-09-11

毎度お世話になります。坂之上サイクルけだな古民家の中島です。

新しい店舗「坂之上サイクルけだな古民家」は、主要道路から少し入った、やや分かりにくい場所にあります。

グーグルナビ等で所在地の「川上町1643」を入れると場所が出てきますが、細い田舎道で迷われるケースもあるようでした。

そこで、帰り道の道案内にも使えるよう、店舗周辺の地図を作成しました。

上半分

下半分

お役に立てれば幸いです。

レベル☆プロ「やっとこさ、作業台の据付けが終わりました」

2022-09-03

毎度お世話になります。

新学期が始まってるのに、未だ夏休みの宿題が終わってない…

もとい、お引っ越しの片付けが終わっていない、懲りない店主の中島です。皆さま、暑い中どうもご苦労様です。

5月の引っ越し以来、やっとこさという感じですが、とうとう、新しい店舗に本格的な万力を据付けた作業台が出来上がりました。

建物全体の鴨居が低いものですから、振れ取り台が使える高さを出すのに苦労しましたが、29インチMTBのホイールも大丈夫で、いい感じに作業出来そうです。

引っ越しに取り掛かった5月から数えると、4カ月間も「作業台無し」だったのですね。お客様方には大変御不自由おかけいたしましたが、これで「重症級」の修理にも対応できるようになりました。

レジカウンター

カウンターの上にも棚も作りましたが、まだまだ収納スペースが欲しいところです。

縁側でくつろぐ クロちゃん

レベル☆プロ「ジロ・デ・イタリアでの『ラッシュマーク』確認しました!」

2022-08-28

(写真引用 Jスポーツさん コラム&ニュースより)

この記事は、前日の当ホームページ記事と連動しておりまして、その記事のあらすじを箇条書きで簡単にご説明しますと、

○ GIANT社のマスコットマークが2023年モデルより新しくなると分かった

○ マークロゴのイメージ動画は今年初めから公開されていた

○ しかし、完成車のロゴマークが変わるという案内はほぼ無かったので、公開されてたイメージ動画って、「何のこっちゃ?」って感じだった

○ 専門誌の裏表紙で、フルモデルチェンジした「プロペル」の横に新マスコットマーク(ラッシュ)が紹介されており、いよいよ本格的なプロモーションが始まったようだ

○ 新ロゴを付けたプロトタイプモデルは、一体いつから走っていたのであろうか

という事で、前日の記事では、今年5月のジロ・デ・イタリアで使用されていたバイクエキスチェンジジェイコチームのTCR ADVANCEDに、新ロゴマークが入っていたかどうかが不明としていたのですが、

「新ロゴマーク、入ってるの確認しました!」

5月のジロデイタリアから3カ月経ってからの反応で、誠に申し訳ございません。

(まぁ、お聞き苦しくも申し開きすると、お店ごと派手にお引っ越ししてましたからね、、、)

写真は、Jスポーツさんの「コラム&ニュース」から引用。

2022年5月、ジロ・デ・イタリア 第14ステージで優勝した、チーム「バイクエキスチェンジ ジェイコ」のアダム・イェーツ選手。バイクはGIANT社 供給の「TCR ADVANCED SL DISC プロトモデル」で、新ロゴマークの「ラッシュ」(逆三角形のマーク)がしっかり入ってます!

新たな伝説はもう、ココから始まっていた!

ってやつですから。

(これよりまだ前があったら、ごめんなさい)

※また、ご興味のある方は昨日の記事、「GIANT社、新マスコットマーク『ラッシュ』始動!」もお読みくださいませ。

レベル☆プロ「GIANT社 新マスコットマーク『ラッシュ』始動!」

2022-08-26

 

この写真をご覧ください。サイクルスポーツ誌の最新刊、後ろ表紙です。

ツールドフランスでステージ優勝したバイクエクスチェンジチームの「マイケル・マシューズ」選手の横に、見慣れない三角のマークが・・・

 

そうです!同チームに機材供給する世界ナンバーワンのスポーツ自転車メーカー

「GIANT社」

のマスコットマークが新しくなります!

(フレームのヘッドパイプに描いてあるロゴマークですね)

 

 

この逆三角形のロゴが公開されたのは今年1月ごろ、台湾本社のフェイスブックで紹介されたのをスタートに、世界各国のGIANTホームページのロゴマークが一斉に変わっておりました。

ここ数年展示会も無くて詳しい情報は分かりませんが、国内では過日「2023モデル」として発売された(すぐ完売しました)、

「チームバイクエクスチェンジ ジェイコ」カラーのTCR advanced SL DISC TEAⅯフレーム

 

が、新マーク初採用の第一号かと思われます。

※ 追記 すみません、確定です。営業に確認できました。

 

 

そして、新マスコットマークの付いた第2弾がフルモデルチェンジして登場した新型「プロペル」のシリーズで、こちらは現在、GIANT社のホームページ写真で新しいマークが確認できます。

 

ちなみに、写真でマイケル・マシューズ選手が乗ってるのは「新型プロペル」で、ツールドフランスではチーム全員が全ステージで使用した模様です。

 

 

さて、新ロゴマークについて、今のタイミングで取り上げたのには訳があります。

 

これまでは、GIANT JAPANからは特に「新ロゴマーク!」としたトピックス的な紹介は無く、ホームページなどで ただ単に、

「ラッシュ」の動画

として、さりげなく挙げてあっただけなのです。

(現在もGIANT社ホームページで見れます)

 

 

中島が推察するに、1月の発表から現在までは「新マークへの変更」というより、企業戦略の新しい挑戦をイメージした『「ラッシュ」なるプロジェクトが始動した!』みたいなイメージだったように思います。

 

なので、第一号と思われる、最近発売されてすぐ完売となった「TCR advanced SL DISC TEAMフレーム」については、ヘッドマークが分かる写真が紹介されておらず、新マスコットマークがついているかどうかさえ分かりませんでした。

 

 

 

※ TCR advanced SL DISC TEAMフレーム写真。何故かヘッドバッヂの写真が無い。ただ、改めて確認してみると、ロゴマークのほんの一部だけ、白い角部分が映ってるようです。(黒い棒の先)

 

 

そして第2弾となる新型「プロペル」では、誇らしげな新マークの写真がありました。

 

 

 

 

 

そして、いよいよ

「新マスコットマークの本格的なプロモーションが始まったな」

と思わせる映像が、冒頭にも紹介したサイクルスポーツ誌最新号の後ろ表紙。そして、このタイミングに合わせてのご紹介となったわけです。

 

 

 

 

 

一切の説明や文字を廃したシンプルな写真に、GIANT社の新たな挑戦を表す「ラッシュ」のマークだけが浮かび上がってます。

(マークの下の観客のお手手も、ちょっと意味ありげな感じ、、、)

 

 

 

 

まあ、新ロゴマーク第一弾となったTCRは、チームバイクエクスチェンジジェイコの活躍を受けて出したかったレプリカモデルだし、ジロデイタリアで活躍したモデルだし、で、第一号となったわけですが、今年のツールドフランスでは使われなかったわけで、新ロゴお披露目プロモーションのタイミングは、ツールドフランスで大活躍した「新型プロペル」に譲られたと。。。

 

すみません、今年のジロデイタリアで「バイクエクスチェンジ」チームが使っていたTCRに、新ロゴの「ラッシュマーク」が付いていたかどうかは未確認です。

 

なんか、カルトクイズのネタみたいな話になってきましたが、何はともあれ、税込み50万円オーバーの「バイクエクスチェンジ」TEAMレプリカフレームは即完売だったということで、めでたし、めでたし。

 

「ラッシュマーク」に象徴されるGIANT社、そして「トム・クルーズ」さんと同級生の中島、2023年に向けた新たな挑戦が始まろうとしています!

 

« Older Entries Newer Entries »