お知らせ

イベント☆情報「2021ツールドおおすみサイクリング大会」

2021-10-31

連携 ユーチューブ動画 

ユーチューブチャンネル 「坂之上サイクル」 11月1日 アップ

→ 「2021ツールドおおすみ 早出し 坂之上サイクル反省会」

 

 

 

 

 

 

4時起床。これからお店に行って準備、お客様と6時待ち合わせです。

スヌーズ機能で15分余計に寝た分だけ余裕がなくなりました。

何かと用事で睡眠時間 約4時間でした。(6時間以上は欲しいかったですけど)

 

 

 

 

 

 

 

開会式が始まりました。走行時の注意が競技役員の高野さんから説明されてるところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大会会場は、鹿屋市中心部からは東側に位置する串良町の「串良平和公園」でした。ツールドおおすみの会場としては初めての場所で、駐車場のキャパシティも大きく、高速道を下りてからのアクセスも程よく良い会場でした。

さて、すみません、写真がまた少ないです。

枚数は多く撮ってるのですが、押さえのポイントが、アレもコレも結構抜けてました。

ではいきます!

 

 

 

110kmコース スタート前

 

 

 

 

 

 

 

4個目のポイント地点「でんしろうの森」

 

 

 

 

 

 

この先たぶん、頂上?さらに行くと、太平洋が見えてくるはず。

 

もうすぐ見える?

 

もうすぐ見えるの?

 

っまだ見えないの?

 

 

 

 

見えた!

 

 

来ました!太平洋!!!

 

 

 

 

 

岸良海岸 エイド  さつま揚げが美味しかったです。おこぼれ待ちの猫ファミリー。

 

 

 

 

昼食会場「IHIスペースポート内之浦」

 

 

 

 

 

ロケット発射台が見えました

 

 

 

 

エイド「ふれあいパーク内之浦」

 

 

 

 

メカニックサポートカー

 

 

 

 

 

ゴールしました!

 

 

 

 

 

⬜︎⬜︎⬜︎

「2021年ツールドおおすみサイクリング大会」 簡易まとめ(ユーチューブ用)

◎ 総評 大変良かった!

◎ 今後のブラッシュアップに期待

◎ ウワサの真相?「獲得標高」

◎ ウナギが「有った、無かった」

◎ ウェア選択、まだまだ未熟

◎ オマワリさんから注意される

 

ユーチューブ「坂之上サイクル」

   2021ツールドおおすみ 反省会 (早出し)

 

「行くぞ!おおすみ 入来峠練習会&ツールドおおすみのウエア考察」(編集しました30日8:11)

2021-10-30

 

 

 

いよいよツールドおおすみが明日31日と迫ってきました!24日(日曜)の記事ですが、ツールドおおすみでのウエア選択の参考になりましたら幸いです。 中島

 

 

 

▢ ▢ ▢ ▢ ▢

 

 毎度お世話になります。坂之上サイクル東開フィットの中島です。

だいぶ肌寒くなってきましたねぇ。自転車で走り出すときの「ウエア選択」にも迷うようになりました。

 

暑い時期のお出かけでは「半ソデ半パンのサイクルジャージ1択」で良かったのですが、「何か防寒アイテムの小物が欲しい」、そんな、朝晩の冷え込みが気になる今日この頃となってきました。日中、陽が照ってるときに限っては、当面 半ソデ半パンジャージで良さそうですけどね。。。

 

そして来週はいよいよ「ツールドおおすみサイクリング大会」があります! 毎年毎年、大会で走るときのウエア選びが参加者同様の「悩みの種」となるところでもあります。

 

 

今年のツールドおおすみは、例年の11月開催より少しだけ早い時期にありますよね。来週開催の「ツールドおおすみ大会」の体慣らしにもなった今回の日曜サイクリング、サイクリングのレポートと一緒に、「ツールドおおすみウエア選びの考察」も織り交ぜてお送りいたします。

(雨天時を除きますね、まさか降らないと思いますが・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

⬛︎ 2021年 10月24日の日曜サイクリング「入来峠へ日曜サイクリングと古民家カレー」

 

◎ 8時~14時45分 距離約60km 峠 約2つくらい

◎ 東開町~中山~皇徳寺~春山~チェスト館~郡山~入来峠~3号線直帰

◎ 天候 曇り時々晴れ 気温 20°C前半くらい? やや 肌寒い  微風

◎ 当日の中島のウェア   半ソデ半パンレースジャージ + ウインドブレイカー 指切りグラブ

※ ウインドブレイカーは途中で脱ぐだろうと思ってたのですが、陽が当たらないうちはずっと肌寒く、登り以外は着たまま走りました。

つい先日まで夏の暑さだったので、身体がまだ慣れてないのかもしれません。

◎ お客様ウエア 薄手の長袖ジャージ+レーサーパンツ(半パン)2名  半袖半パンレースジャージ+アームウオーマ 1名  全員指先無しのハーフグラブ

 

 

そうでした、この日は妙円寺参りの日でした。チェスト館は大賑わい。「サクラカネヨ」のしんこ団子の出店がありました。美味しかった!

味噌アイス、体験しました。

国道の入来峠頂上付近。裏道から上ってきて、ループ橋のさらに上に出ます。

いつもありがとうございます。郡山の古民家カレー「沙羅」さん!

 

⬜️⬜️⬜️

 

 

ここで、来週31日(日曜)と迫った「ツールドおおすみ」でのウェアについて、どんな感じがベターか中島の考えで予測してみますね。

 

ただし、体感温度は個人差があるもので、日頃の服装から皆様まちまちであるように、絶対的な正解はありません。たとえば暑がりな店長中島のウエア選びは、「冬場でも時々半そででいる男」の発想で、インナーも着用しないほうであります。かつて出張先の山手線のホームで(ちょうど冬物への衣替時期で、華やかなコート姿の女性も目立ちはじめた初冬のころ)数千人の雑踏の中で、中島が一人だけ半袖のTシャツ姿だった、、、なんてこともありました。田舎の小学生で、冬場に半袖半ズボンで登校してるのあの感覚ですかねぇ。「都会の人は、オーバー(コート)だなぁ 😥 」とか、思いましたけど。

そんなこんなで、感覚的なズレは各自の判断で調節いただけるとよろしいかと思います。今の時期ですでに長袖を常用されてる方々は、シャツ一枚分くらい多めに見積もってくださいませ。

 

 

 

ごめんなさい、本題に入る前に、初めての参加で、本格的なウエアをお持ちでないという方に向けて服装を簡単にまとめて説明しておきます。

今大会で他の参加者のカッコイイいでたちを参考にして、いずれはご自身にあった素敵なウエアを揃えていってください。

 

 

初めての方向け 快適な着用着選び方まとめ

 

① インナー(肌近くの服)

 

  ◎ 汗が出る(人によっては大量に出る)ことも想定して、吸水性の良いものを選ぶ。体操着のイメージ。

  ◎ 素材の選択: 綿・シルクはNGです(汗でべたつく)。 化学繊維系(ポリエステル等)が良い。

    ※ 女性にとっては着心地の良いシルク等がお好みの向きもあるでしょうが、汗に対する特性で化学繊維のほうが有利です。

     ・濡れてもべたつかないから ・吸水拡散が良いので体温調節に有利 ・発汗で静電気も出ない ・ハードな状況下で結果快適

  ◎ 肌に密着する「インナーウエア」は要注意です。防寒には大変効果的ですが、暑くなった時は体温調節が困難(脱ぐしかない)です。汗が出ない方には悪くないですが、冬場でも汗が出る中島は着用を好みません。

  ◎ 普通の下着、Tシャツ(ポリエステル系)で良いと思います。抗菌・防臭加工がしてあるとなおよいです。

 

 

 

 

② ミドル、アウター(中間着、外に羽おる服、ズボン)

 

  ◎ 動きやすい服装を選ぶ。ウオーキング、ハイキング等のイメージでもよいかも。

  ◎ 薄手の半そで又は長そでシャツ1枚で走る。下は半ズボン、又はスソのしぼられた長ズボン。裾の広いものは裾を止める工夫を(バンド・輪ゴム・めくりあげる)

  ◎ 寒がりの方は、半袖シャツの上に薄手の長袖シャツを着て走る。暑くなったら長袖シャツは脱いで走る。

  ◎ 中間に羽織るもので厚手のシャツの選択もありますが、脱いだ時かさばる荷物になります。脱がないことが前提だと、体温調節には不向きです。

  ◎ シャツはフロントホックかジッパータイプを選び、前を開け閉めして体温調節します。

  ◎ シャツの上に羽織るウインドブレーカー等を準備して、重ね着をしましょう。

  ※寒い時は着て暑い時は脱ぎます。重ね着する事を「レイヤード」といいます。他に「ウインドベスト(そで無し)」等も、重ね着に便利なアイテムです。

  ◎ 不向きな服: 裾の広いズボン・シャツ、マフラー、紐やコード等はNG(バタつく、破れる、巻き込む)

  ◎ 要注意な服: 毛あみのベスト、カーディガン等(風が抜けて寒いのでアウターに不向きです。ミドルの防寒着としてははありますが、脱いだらかさ張ります)

  ◎ 寒い時に羽織るウインドブレーカー等は、たたんで持ち運べるような携帯性の良いものを選びましょう。

  ◎ 「少しだけ寒いかな」くらいの服装で、あくまでも無理をせず、優しいギヤを回して、テンポよく走ると楽しいです。

 

 

 

③ おすすめ小物等

 

  ◎ サングラスを強くお勧めします(特にコンタクト利用の方)。色付きでなく、透明レンズが良いです。目を風や紫外線から守りましょう。

  ◎ グローブもあったほうが良いです。軍手でも良いですが、出来ればもう少し見栄えの良いものを(ゴルフ、ドライビンググラブ流用)

  ◎ ヘルメットの下に、ヘッドバンド等で汗止めを。特にメガネの方。女性はバンダナ等でアクセントに。

  ◎ 靴の中はめちゃくちゃ汗かきます。臭くなるので抗菌防臭ソックスを。シューズは厚底でペダルを踏みやすいものを。

  ◎ 荷物は最小限にしぼり、軽量化しましょう。体にショうと、時間がたつほど「ムレる」「食い込む」とのしかかってきます。

  ◎ 補給所はありますが、お好みのおやつも持っていきましょう。飴は呼吸が苦しくなるので微妙です。

 

 

実は、サイクリングをもっともっと楽しくする「自転車専用グッズ」は、自転車屋さんに色々と置いてあります。(たぶん)適切なアドバイスも受けられるでしょう。大会が終わったら、「インターネットでプチッ」よりも、街の自転車屋さん巡りで、お買い物を楽しまれることを期待いたします!

 

今回は、サイクリングの「走行についてのポイント」には触れませんでしたが、自転車を楽しく乗るためのアドバイスは山ほどありますので、どうぞ懇意(こんい)にしてくれる自転車屋さんと上手く巡り合ってください。

 

 

 

 

 

お待たせしました。中級者以上向け、「2021ツールドおおすみ」ウエア考察

 

 

ご参考にしていただける対象は、ウェアも一通りお持ちで、そこそこのテンポで走れる一般的な中級者以上のイメージです。ご存知の方々には意見の相違や失礼もあるかと思いますが、申し訳ございません、ご容赦ください。

 

⬜️まずは下、下半身側から

 

当日が24日(日曜)と同じくらいの気温・風の気候(最高気温20℃前半くらい)なら、下はロングタイツやレッグウォーマーは不要で、膝上丈のレーサーパンツ(ビブショーツ)でいいと思います。

 

ただし、小雨など、天候不順では寒い場合もありますので、その場合は適宜変更ください。

(お好みで7分丈、日焼け防止でロングタイツも有りでしょう)

 

 

⬜️ 上半身のウェアです。

 

上半身については、汗かきさん、寒がりさんなど、個人差がありますので、各自の判断でレイヤードの調整を入れてください。

いずれにしても「このウェア1枚でOK」という物は存在しませんので、基本的に「重ね着をする(レイヤード)」という発想でアイテムを選びます。

]

サイクリングでは、やたら体温が上がったり(上り坂)、急激に冷やされたりと(下り坂)、体感温度は激しく変化します。

上手に体温を調節する事は、快適さを保つだけでなく、「速く走ること」にも直結していますので、色々とお試しされてみてください。

 

暑がりな中島の場合。ここはもう、定番の「春夏用 半袖ジャージをベース」でいきます。といいますか、長袖自体を持ってません。

 

人によっては、「薄手の長袖ジャージをベース」がよいでしょう。

これに、脱いだり着用したりを融通できる、「何か」をプラスする形で、その「何か」を携行していくと良いです。

 

 

▢ レイヤード アウター

 

重ね着で体温調節するために携行するアイテムです。ここももう、ウインドブレーカー1択ですね。あと、半袖選択の方は「アームウオーマ―」もあるとよいでしょう。中島は「ウインドベスト」を着たまま走るか、携行していくか、とりあえず持って行って、当日判断します。

 

 

 

 

 

 

文章追加しました

 

中島から、サイクリングの便利アイテムを2点ご紹介します。

 

① お腹の冷え防止グッズ。下り坂などでのオーバークールを防ぐコワザ小物です。

ヨーロッパのレースで有名な「新聞紙」の代わりです。中島の経験上でも、新聞紙がやはり最高です。

 ・ 保温性がある

 ・ 風を通さない

 ・ 吸湿性がある(汗を吸って乾かしてくれる)

 ・ 昔は使い終わったら捨てていた

 

中島が今のところ使っているのは、薄手の発砲ウレタンの緩衝材です。胃袋と膀胱に充てるイメージの大きさで切って使ってます。コンパクトになるので、さほど邪魔になりません。いい感じです。

 

 

 

 

② 簡易カッパ(防寒のためのビニールベスト)

 

  今年のツールドおおすみ、雨は降らないと思いますが、「転ばぬ先の杖」、雨の降らないおまじない的に、安全のためにコチラを持っていく予定です。

 

素材はコチラ、45Lゴミ袋。

 

首と両腕部分を3カ所ハサミを入れて、、、

 

ほら、簡易のカッパ替わり。

濡れないというより、「防寒」が最大の目的です。

これ、過去の雨の中で行われた「ツールドおおすみ」で、実際に参加者に提供されたアイデアです。

 

 

もう一つの特徴、こんなにコンパクトになる事。

万が一の時のために持ち歩くのに、大変優秀なコンパクトネス! チョコようかんより小さいし。

 

明日「ツールドおおすみ」、ひとつよろしくお願いいたします!

 

 

サイクリング番外編「空き時間に天文館をぶらぶら」(編集しました)

2021-10-30

 

 

 

くう〜っ、早く帰りたい。大した事無いので。

と、気を揉んでもどうしようもありません。診察待ちの人で混雑してて、もうちょっとかかりそうです。

 

 

 

おはようございます。中島です。現在11時55分、本日10月28日(木曜)は、お店の営業開始時間は過ぎてますが、わけあって天文館の内科クリニックの待合室にたたずんでおります。すみません。

 

 

基本的に大した事無かったのですが、ほんのついでにと受けた不整脈の検査で、24時間計測器を付けるようすすめられ、取り付けたのはお店が休みの水曜日だったのですが、翌日の午前中までかかってしまいました。ここの内科クリニック、昨日はさほど混んでなかったのですが、今日は異様に患者さんの来院が多くて混み混みしてます。ほとんどの来院者が院長先生の診察待ちで、中島はもう看護師さんに検診器具を外していただいたので、(混んでるから)また日を改めて来ていいか聞いたら「帰っちゃダメ」と言われ、大人しく診察を待ってるところです。

 

 

 

 

 

という事で、「天ブラ」。

 

 

 

かなり空き時間があったので、鹿児島市の繁華街地区「天文館」をぶらぶらして来ました。

 

 

 

 

ぶらぶらしてたら、ホットが入ってる自販機を発見!

 

 

 

 

 

 

ほらほら、急に冷え込んで、みんな暖かい飲み物が飲みたいんですよ。。。大人気の証しに、早くもホット系飲み物だけが売り切れてます。「綾鷹ホット」が飲みたかったけど、「ほうじ茶ホット」で辛抱します。

 

 

本日28日は、鹿児島も放射冷却現象で朝方かなり冷え込みました。最低気温で5℃以下くらいだったのかな。

この気温や、雨の心配があるようなら、「ツールドおおすみのウェア」考察にも対策を入れとかないといけませんね。

 

 

ホットほうじ茶と一緒に、彦一団子を食べました。

 

 

 

 

「かるかん団子」なんて有るんですよね。ー 🙂  🙂  🙂 ー

 

雰囲気は出てるので、観光の方のお手軽体験には悪くないかもです。

本当なら、観光の方々にも老舗店の本格的なあの「かるかん」の、繊細な甘み、山芋由来の独特の食感など、味わってみてほしいです。

 

 

 

ちなみに、「かるかん」だと、小豆のアンコは入ってません。

アンコが入ってるのは、「かるかんまんじゅう」と表現するようです。

 

 

 

 

 

あとですね、天文館をぶらぶらする事を「天ブラ」と表現してた時代があったのですが、もしかしたら今時の若い人たちには通じない、死語になってるかもしれませんね。

まあ、元々いい若いものが繁華街である天文館を(用もなく漫然と)うろつくことを指す俗語的な表現だったような気がしますが。高校時代、田舎道オンリーのバイク通学だった中島は、天文館さんとは疎遠だったような、、、。あ、学生時代は、色々とお世話になったんでした。。。

 

 

 

 

 

モッキンバードさんを発見!レコード販売店ですね。

中島の記憶違いでなければ、かつてはこの道の向かい側にあったような気もするのですが。

 

 

古き良き時代からある老舗店の、ほぼ変わらぬ場所での継続営業に感謝です。

 

この日、営業開始時間が遅れてしまい、申し訳ございませんでした。

 

 

 

 

ところで不整脈

 

 

リスクの説明は色々といただきました。結論としては「さほど心配なし、ただ、気を付けてください

 

でした。

 

診察時には詳しく話しませんでしたが、中島のシロート的自己診断では、日頃の不規則な生活、過重労働、そして、運動不足が原因で不整脈が出がちだった気がします。

 

この頃は「ツールドおおすみ」に向けての体慣らしサイクリングが効いてて、実は最近は体調が普通にいいんですよね。すみません。

 

 

 

ただ、先生からの注意点を一つ、皆様と共有しますと、急激な心拍上昇は良くないそうです。

 

リスクとしては、

 

◎  心臓に負担がかかるので、いい歳の人は心臓の衰弱を早めてしまう。(心臓を優しく使いましょう)

 

    ◎  心拍上昇がうまくいかなくて、不整脈が出てしまう。(若いころは良かったのかな?中島だけかもしれませんが)

 

    ◎  不整脈で血栓が発生すると、脳梗塞(のうこうそく)につながる。(実年以降の方は、これチョット怖いですね、、、)

 

 

 

 

という事で、サイクリングの時なども、「いきなり激坂を上る、頂上まで!」というのはよしときましょうね。

 

中島、坂之上地区で営業してた時はよくやってました。近所の激坂をいきなり自転車で上ってました。。。いけませんねえ、やっぱりよくなかったんですねえ。ちなみに当時、心拍数を急激に上げるなら「自転車で坂道を上るのが一番いい」とか思ってましたからねえ。  「いきなり縄跳び二重飛び三重飛び連続」なんてのもよいかもしれませんねえ。

 

いやいや良くありません。しないでくださいね!

心臓に優しくです!

 

 

 

さて、ツールドおおすみです。楽しみましょうかね。心臓に優しくと。

 

走りだす前に準備運動、ストレッチ、股関節の柔軟体操をしっかりとしときたいですね。

 

坂道は焦らず、スローペースで入りましょうね、不整脈の中島店長!(調子にのってはしゃいでる中島を見かけたらご注意くださいませ)。急ぎの人には道を譲って。心拍は徐々に上がっていくように、心臓にも優しくです。身体があったまってきたら上手にウエアを開いて体温調節をして、あとは大隅路の素敵な景色とサイクリングを楽しむとしましょう!

 

 

 

 

レベル☆サイクリング「10/10 いつもの伊作峠から日吉、伊集院サイクリング」

2021-10-11

このコースはどの時期でも、何回来ても気持ちがいいです!

 

毎度お世話になります。坂之上サイクル東開フィットの中島です。

10月10日の日曜サイクリングの様子をレポートいたします。

 

 

ツールドおおすみ前という事もありますし、何より気温が、風が、木々の緑が、お米収穫の賑わいがもう、自転車で走る喜びを盛り上げてくれて、サイクリングに至福の感動をいただきました!同じように楽しんで走ってらっしゃるサイクリストをあちこちで見かけました。

各地で割と人出が多くて、いつものランチのお店も順番待ち1時間との事だったのであきらめ、ココはまた次回に譲ることに。。。(ランチは大概、昼時の時間をズラしてアクセスするので、こんなに混んでてスグ入れなかったのは初めてでした)

 

 

中島周囲のお客様方は、季節に関係無く年中自転車を楽しまれてるので、行楽シーズンとか意識する事は無かったのですが、世間一般からみたらまさに、いまどきの時節は行楽シーズン真っ只中だったのですね。納得。

 

我々は常にもう、「走り出したらいつでも行楽シーズン!」なのかもしれません(^^)

 

参加の皆様、いつもありがとうございます。どうもお疲れ様でした!

⬜️⬜️⬜️⬜️⬜️

2021年 10月10日 日曜

「いつもの伊作峠と日吉の前田家さんと麻里花さん」

◎ 天候  快晴 気温 程良く高め やや風

◎ ウェア  半袖 膝上レーシングパンツ

◎ 距離  50kmくらい?

◎ 獲得標高  約700mくらい?

◎ 8:00〜15:00

◎ ルート   東開町〜谷山駅前〜南高前〜伊作峠〜永吉ダム〜神の里公園〜日吉 前田家さん〜麻里花さん〜伊集院〜春山 お茶の里〜皇徳寺

永吉ダム湖にかかる赤い橋

何処へ通じてるのか興味深いです。

 

 

 

 

ああ、青い空が素晴らしい!

不二家ネクターの美味しい事といったらありません!

 

 

不二家ネクターの美味しさに、もう一杯頂かないことには収まりません。

、、、、、、「桃ネクターおかわり」のはずだったのが、

ネクターのとなりに並んでた、「レモンスカッシュ」の誘惑に負け、ネクターの代わりにコチラをシュワシュワといただきました。

 

 

 

 

 

 

いつもの「前田家さん」でお世話になり、

お食事は近くの「麻里花さん」へ。

このボリューム。

 

 

 

 

 

このボリューム。

 

 

 

 

 

 このボリューム。

 

 

 

 

 

 このボリューム。

 

 

 

 

 

これでもか、このボリューム。

 

 

 

 食べきるか不安、このボリューム。

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ途中、まだこのボリューム。そばの麵をあらかた食べたところで一休み。

スープを飲むとお腹が膨れて残りが入らなくなるので控えめに。まだ小鉢2皿は手付かずです。ミカンは持って帰ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

食べきりました。ホッとしました。御馳走さまでした。

デザートと飲み物が来ました。

 

 

 

 

 

 

デザートも美味しい!

 税込み1000円でした。

 

 

 

 

 

本日もどうもありがとうございました。

またよろしくお願いいたします。 中島

イベント☆情報「ツールドおおすみ情報 Bコース国見トンネル」

2021-10-09

(写真 グーグルマップさんより)

 

 

ツールドおおすみが近づいてきましたねー、

皆様、準備はよろしいでしょうかー!

 

ああ、ちょっとゴメンなさいの件が…

 

申し込み締め切り前に完売御礼となって、参加が叶わなかった方々があったようで…

確か中島、申し込みするかどうかの判断を、「(大会中止の可能性があるので)締め切り直前まで様子を見て」と何人かにお伝えしていたと思うので、申し込み出来なかった方々には申し訳ないことをしました。どうもすみませんでした。(自分は早々に申し込んでおいての事ですからネェ…、すみません…(〜〜”)   )

 

 

 

さて、今年全くの新コースが採用される事になっているツールドおおすみで、ルート情報から難易度が懸念されていたBコースの国見トンネル付近について、大会事務局から修正がありました。

 

 

写真 ツールドおおすみホームページより

 

 

 

良かった、ホッとしましたよねー。参加の方々もー。

ただ、トンネル入り口までの坂はやはり長くて、しかも結構な勾配がありますよね。

Bコースの目玉ポイントとはいえ、この辺りはまだまだコース全体の前半です。後半まで楽しんでサイクリングするためにも、

「この国見トンネル前の坂道で無理をしない」

コレが、今回のツールドおおすみBコース制覇のカギになると思います。(制覇と言っても、レースじゃないですからね(^.^””) )

 

僭越(難しい漢字が出ました、せんえつ)ながら、初心者プラスアルファレベルの中島、直近でこの坂をヘロヘロと上がり切った中島から、少しだけ「国見トンネル入り口までの坂対策」のポイントをお伝えしておくと、、、

 

 

◎ 坂道嫌いで、「斜度がキツくて漕げない」と思ったら、自転車を降りてトンネル入り口まで押し歩きして行った方が、後々良いでしょう。

 

◎ ギヤが残っていたら、「最後の一枚は残して…」とか考えるより、脚に負担のかからない優しいギヤを選んで回していった方が良いでしょう。

 

◎ 計測メーターをお持ちの方々は、「頂上まであと何km」より、「(標高差で)あと何m上れば終わり」と思った方が気分的に少し楽かも(?)なんて事があるかもしれません。個人的な見解です。

 

◎ ケイデンスがいよいよ40rpmを下回るようでしたら、無理やりケイデンスを上げてリズムで踏んだ方が、逆に楽になる場合もありますが、心拍計装備のベテラン様向けのテクニックですので、あくまでも無理は禁物です。ぶっ倒れたりすると大変なことですからね。。。ペダルを回せなくなったと感じたら、ゆっくりと歩いて進みましょう。

 

 

◎ ビンディングの方々は、「最後まで踏み上げて」とか考えて余裕が無くなって、ペダルを外す力まで失ってて、上り坂の途中で「フラフラッ、パタッ(ペダル外せなくて倒れる)」という、痛い現象が発生しかねないので、早めに諦め余裕をもって止まりましょう。

また、他人の痛い光景に出くわしたら、「本人が救助を欲しているか、それとも恥ずかしいから見ないでーと思っているのか」大人の分別で察してあげましょう。

 

 

 

 

◎ トンネル入り口付近に「美味しい人参がぶら下げて…」いえいえ、「美味しいジュースの自販機」があります。ほれほれ、もう一息です、コーラかなんか、楽しみにして!

 

 

 

 

 

今回、トンネル内の試走はしておりません。すみません。

 

 

⬜️⬜️⬜️国見トンネルデータ

入り口付近の標高 212m

出口付近の標高 212m

トンネルの長さ 3300m

トンネル内入り口から先はゆっる~い上り坂になってるとの事で、真ん中辺りが頂上(入り口から15.6m上る)で、出口までまた緩い下り坂らしいです。

上り、下りとも、計算上の勾配は0.93%です。

 

 

あと、

ライト必須です!

スタート時からもう、点けておきましょう。

フロントライトをデイライトで点滅にしてあった方々は、トンネル入り口で点灯に切り替えしましょう。

その他、大会側からの指示、注意事項によく配慮してご走行くださいませ。

 

本日もどうぞ、ご安全に。 中島

« Older Entries Newer Entries »