お知らせ

GIANT社 2020年モデル新製品発表会、行ってきました!

2019-08-28

神奈川県は横浜、人気のデートスポットが 多い地区の中にある「大さん橋ホール」で毎年行われるGIANT社の新製品展示発表会に行ってきました!

長年のお付き合いで顔見知りの社員さんも多くなり、毎年楽しみにさせてもらっております。

世界最大のスポーツ自転車メーカーらしく、今年も充実の新製品群で、展示会期間中のまるまる2日間をたっぷりと取材させていただきました。どうもありがとうございました。

GIANT社の2020年新カタログは、現在 手元に2部だけですが、メーカーから販売店へのカタログ発送は始まってるそうで、店頭にお客様お渡し用が準備できましたら、またご案内いたします。

ちょっと雑になりますが、一部モデルをご紹介していきます。

⬛︎ GIANT社のEバイクに、フルサスペンションのマウンテンバイク「トランスEプラスプロ」と、ノーマルマウンテンバイクの「ファゾムEプラスプロ」新しく加わりました。

トランス Eプラスプロ ¥580000

国内最高値の出力トルクを誇るパワーユニットに、フレーム内に収まるビルトインバッテリーを搭載、日本独自の繊細な制御でパワフルかつ自然なアシストを実現しています。ベース車体が世界ナンバーワンメーカーGIANTの人気シリーズ「トランス」で、その走破性と走りの楽しさは相当に期待できそうです。

今回の新型MTBのEバイクは、ケイデンス(ペダル回転数)170rpmまで対応するそうです。

説明では、(170rpmを実用しないにしても)ケイデンス100rpm前後での出力特性が向上するのだそうで、面白い発想に思います。

GIANT社のEバイクは「トルク」、「速度」、「モーター回転」、「ケイデンス」の4センサーで、E-MTBはさらに「スロープ検出」、「加速度」を加えた6センサーを搭載との事。海外仕様モデルに比較して

12倍のデータを検知してより細かで自然な制御をする日本仕様のGIANT Eバイク

って、凄いなと思いました。

⬛︎ 今年の全日本選手権では、GIANT社のTCR advanced SLディスクを使用するシマノチームの入部選手が、追走の新城選手を抑えて見事優勝、TCR advanced SLディスクがチャンピオンバイクとなりました。

また、Jスポーツでも放送されたツールドラブニールで、若手選手がTCRディスクでステージ勝利するなど勝利に貢献、注目されております。

⬛︎ プロペル advanced SL 2020カラー

大きめサイズのプロペルでハンドルが低くセットされてるとカッコいいですよね〜。なかなか真似できませんが、、、(о´∀`о)

⬛︎ 21万円、パワーメーター付き、105カーボンモデルのTCR advanced 2 KOM

ジャイアント社は2020年シーズンで、片側クランク計測のパワーメーター付きモデルをラインナップします。こちらの写真はadvancedカーボンフレームにR7000 105を搭載した実戦モデルで、昨年のメーター無し価格20万円から、1万円プラスのみの21万円でパワーメーター付きと魅力的な仕様であります。カラーもきれいです。

⬛︎ ファゾムEバイク、価格発表されました!38万円。MTBのEバイクとしては、やや出遅れた感のあるGIANT社でしたが、はすが後発だけあって、他のメーカーを凌駕するスペックで出してきました。

モーター出力、対応ケイデンス、距離、計測センサー数、共にトップレベルの性能です。

先の本格的なEバイクマウンテンバイクレースて入賞してるとの事です。

新ブランドCADEXのホイール、シングルパワーメーターのパワープロS

8月29日は臨時休業いたします

2019-08-28

8月29日(木曜)は、GIANT社2020モデル展示会のため、臨時休業いたします。申し訳ございません。GIANT社の2020モデル新製品の情報と共に、30日(金曜)より通常営業いたします。

シマノの新世代レバーGRXを組む!…色々とありますが、組む!

2019-08-28

シマノ社が最近発表した、GRXシリーズのSTIレバーが早速入荷しました!

油圧ディスクブレーキ仕様のグラベルロード、またはシクロクロス向けイメージのGRXは800、600、400と3シリーズあり、今回入荷したのはティアグラと同じ2×10速のSTIレバー「ST- RX400」です。

これまでシマノレバー設計が変わっており、手の平の小さな方でもよりブレーキがかけやすくなっております。

同じタイミングで発表されたティアグラの油圧ディスクブレーキ用STIレバーと、一足先に登場している105油圧レバーの2機種も、レバー軸をより手の平に近づけた新設計になってますが、レバー形状は旧来のままとなってます。

レバー形状まで見直した新設計は、GRXシリーズが最初となるでしょう。今後登場するであろうシマノ社の新世代レバーを方向性を示していると思います。

まあ、実のところは、初代のSTI油圧ブレーキD i2レバー「ST-R785」が、同じ思想で設計されており、握りやすかった(けど廃番)という経緯があり、初期の設計思想がスマートになって戻ってきた感じです。中島は以前、DEFY advanced SLゼロでST-R785を使っておりました。シクロクロス選手の多くが使用してました。

ブラケットカバーをムクと、レバーの新世代的な異質感が伝わってきます。

親指で示す銀色部分が軸の位置です。

軸の位置が上方に移り、旧来の軸位置は穴が開いております。現在この穴は、その奥にレバーの届き幅を調整するネジが準備してあり、上手く使われております。

「夏なので、ノンアルコール生ビールとレモンステーキ サイクリング」無事終了しました!

2019-08-18

8月18日 日曜日のサイクリング企画、

「夏なので、ノンアルコール生ビールとレモンステーキ サイクリング」

は無事終了しました。参加の皆様、どうもお疲れ様でした。ありがとうございました。

皇徳寺から春山へ上り、お茶の里とチェスト館で休憩、途中、古園地区の苔(コケ)アートを見学してから、日暮里さんでノンアルコール生ビールをいただきました。

本日は曇り空で、真夏の暑さも一休みな涼しい風が身体を癒してくれ、まるで脚が軽くなったかのように走れてサイクリングも快適でした。

⬛️ チェスト館にて、お客様のカップアイス(250円)

⬛️ 途中、都市農業センター近くの、前から気になっていた「コケアート」のある古園地区を見学に行きました。

偉人さん方の肖像画が、激坂の途中途中に現れ、坂好きの自転車乗りの方々には素敵なスポットになってました(o^^o)。

⬛️ いつもお世話になってます「にっぽり」さんにて

中島は今回、初めて「レモンステーキ」以外のメニュー、「和風ハンバーグランチ」をいただきました。どのメニューも美味しいだろうという予想は、多分当たっているかと思います。

⬜︎和風ハンバーグ

⬜︎ 貝柱のソテー

⬜︎ レモンステーキ

⬛️ 暑さを予想してたのですが、思いのほか涼しくて、生ビール風味も一杯が丁度良い分量でした。サイクリング途中でジョッキの生ビール(風味)が飲める幸せに感謝、乾杯です!

どうもありがとうございました😊!

8月18日 日曜サイクリング予定「夏なので、レモンステーキとノンアルコール生ビール サイクリング」

2019-08-17

18日 日曜サイクリング予定      無事終了しました! 

「夏なので、レモンステーキとノンアルコール生ビール サイクリング」

■ 8時ごろ  東開町お店集合

■ コース   東開町 ~ 谷山 ~ 皇徳寺 ~ 春山 ~ お茶の里 ~ チェスト館 ~ ブルーベリー農園 ~ 日暮里さん

■ 通過予定  8時過ぎ               9時過ぎ      10時過ぎ             11時前

■ ご予算   日暮里さん 昼食 1000円~  ノンアルコールビール ジョッキ 400円?  350円でした! 他、各自飲食代

■ 往復距離  50~60km やや坂あり 雨天時中止です 18日の店舗営業14:00~  お問い合わせは中島まで

« Older Entries Newer Entries »