お知らせ

レベル☆お店「年の瀬にラジオ出演、MBCポニーメイツ来店‼️」

2024-01-01

年の瀬の12月30日、MBCラジオ放送のサテライト取材局「ポニー1号」がお店に来店してくださいました。

ポニーメイツ47期生の「山口紗季さん」と「山角もか さん」がホンダCR-Vに放送機材を積んだ特装車のポニー1号で来店、当日の生放送番組、「二見いすず土曜ラジオ」で10分ほど生出演させていただきました。

電波状況の良い場所にポニー号を停車し、今回は「山角もか」さんが機材車のエンジニア担当で、車の中で音声と電波の管理をします。

インタビュアーの「山口紗季」さんは無線機材とマイクを持って、お店のデッキで中島と対談する形でした。

写真の奥はインタビュアーの山口さんです。

ピンマイクとかは付けずに、マイク一本で音声を拾う形ですね。

インタビュアーのマイク音声を無線で飛ばしてポニー号で拾い、ポニー号がサブスタジオの副調整室(?)の役割で中継局として、

「MBC本社のスタジオと電波で繋いで生放送」する

というシステムだと思います。

生放送終了後に、今回はエンジニア担当だった山角さんも来てくださいました。

(山角さんがインタビュアーになる場合もありますが、今回の放送では出てらっしゃいません)

MBCラジオさんの放送は、やはりかなりの影響力があって、店の前を通る車の運転手さんが、ポニーメイツさんに声をかけて喋ってました?

ポニーメイツさん達が親しそうに話してらしたので、前に取材された方か何かと思って聞いたら、特に知らない人で、多分、視聴者さんじゃないかなとの事でした。

駐車場に置いてあったポニー号のボンネットの上に、何だかどなたかが置いて行かれた野菜の袋も載ってました。青梗菜?

どうもありがとうございました。😊

御来店記念に、御二方のサインもいただきました。とてもお綺麗で素敵なお二人でした。

どうもどうも、ありがとうございました😊

たくさんのお客様からも反響いただきました。どうもありがとうございました。

MURA様から、出演時のラジコのアドレスをいただきました。ありがとうございます。

https://radiko.jp/share/?t=20231230100000&sid=MBC

10時10分くらいからの出演です。

レベル☆お店「ああ年末、MBCポニー号も来店」

2023-12-29

年の瀬らしく、MBCラジオさんのサテライト取材班

「MBCポニー号」

さんがお店にやってきます。

30日10時くらいより、MBCラジオさんの「二見いすずの土曜ラジオ」プチ出演予定。

写真  ウィキメディアさんより

レベル☆お店「吉野の初雪、年末予定」

2023-12-23

吉野に初雪です。寒いはずです。やっと冬らしくなりました。(昨日の写真から)

 

 

 

毎度お世話になります。

今年も色々とお世話になりまして、どうもありがとうございました😊

2023年は特に、マウンテンバイク系のイベントが多くて、金峰、鹿屋、木城、指宿とたくさん楽しませていただきました。

また、締めくくりの「ツールドおおすみ」も大好評でした。今年走る機会が少なかった皆様も、また機会が出来ましたらよろしくお願いいたします。🚴🏿

🔲店舗営業冬休み12月31日~1月3日まで

 

🔲初日の出サイクリング

第一集合 セブンイレブン吉野柿之迫店6時頃

第二集合 宇宿マリンポート7時頃配光
一番奥の親水公園側の駐車場あたりで初日の出 拝光予定

市内神社巡り  一ノ宮神社 照国神社 他 梅ヶ淵観音の手打蕎麦で終了

 

🔲一月の土曜サイクリング 2024年 1月6日(土曜)
8時頃 けだな古民家集合  蒲生のパン屋さんまで往復予定

 

🔲サイクリングイベント「児湯グルメライド」
2024年 2月25日 参加費8000円 締切1/20

🥹すみません、今年は店名入りカレンダーは製作しませんでした。
🥹アルテグラ、デュラエースの11速クランクに無料点検の案内が出てます。該当の方は中島にお問い合わせくださいませ。

寒くなりますが、体調を崩されませんよう、どうぞ良い年をお迎えください。今年もどうも、ありがとうございました😊😊 😊💦

レベル☆お店「メリダ2024店頭用カタログ」

2023-12-21

MERIDAの新しい店頭用のカタログが届きました。ペーパーで見れるカタログの発行は久しぶりです。

店頭用なので、お客様にお渡しできる分ではないのですが、ご覧になりたい方ありましたらカウンターでお茶でも飲みながらご覧くださいませ。

イベント☆情報(再編集しました)「2023ツールドおおすみサイクリング大会、どうもお疲れ様でした‼️」

2023-12-09

「2023ツールドおおすみ」の反省ブログ記事、12月15日に再編集しました。

 

 

12月3日(日曜)に、霧島ヶ丘公園(かのやバラ園)を発着場に、

「2023ツールドおおすみサイクリング大会」

が開催されました。

 

ツールドおおすみは、鹿児島県内最大規模のサイクリングイベントでございます。今年は、地元開催だった「鹿児島国体」の関係もあって、例年よりやや遅めの12月初旬に開催されました。件の流行病の懸念も和らいだ今年は、まあ、ボランティアスタッフも込みの人数ではありますが、「イベント規模1000人!」と賑やかな開催でした。内訳は、Aコース110km500人、Bコース45km200人、ファミリーコース30km100人 + スタッフ と、皆さんが楽しめる本格運営でした。

 

さてさて、当日の様子をお送りしていきましょう。

 

 

鹿児島地方は前日から冬の気温に冷え込んで、寒い中の走行が心配されていたのですが、当日はさほど冷た過ぎる事もなく、お日様が常に顔を出してくれてた絶好のサイクリング日和でした。

海沿いのおおすみ路は交通量も少なく、景観の良い素敵なロケーションも手伝って、大変好印象なサイクリング大会となりました。

 

 

 

 

こちらは開催日前日、12月2日(土曜日)、吉野地区の早朝の気温です。外気温1.8度。

しかるに、昼間は汗ばむほどに暖かくなる可能性もありで、ウエア選びに悩むところです。

(そんな悩ましいときは、色々な厚さの各種ウエアを一通り全部持っていきましょう。スタート前に現地で判断します)

 

 

 

Bコース45kmのマップです。下り坂スタートで、平和で幸せな海沿い平たんコースから一転、残り3分の2の急峻(きゅうしゅん)ルートはもはや

「ギャグレベルでしょ!」

ってな感じで、参加者の苦笑を誘ってました。Bコースの大人な方々は、「もう、無理なんかせず、最初から押してくぜー」という、正しい選択をされる方が続出してました。

Aコースに参加された強者方も終盤は同じコース。押さないまでも、漕ぎあがった方々にはとんでもない「くもんじゅく(苦悶塾)」な仕打ちとなったと聞きました。

 

 

 

 

 

 

これは前日の積み込みシュミレーションの様子です。

 

 

前日に5人➕5台のロードバイクを積む予定で準備してましたが、当日はお一人欠席で4人➕4台でした。結局、写真のラックは使用せず、4台とも車内に積み込みました。

バックドアのラックに2台積むとしたら、最大でロードバイク6台➕5人での移動ができそうです。これで高速も楽なミニバンスタイルの多目的車なので(商用バンではなくて乗用ワゴンなんです)使い勝手がなかなかいいです。

 

現行のNV200は2010年発売と、ずいぶんと息の長いモデルですが、同クラスに他メーカーのライバルがほぼない状態で、商用バンとしてはよく売れてるんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前日ギリギリで、おおすみの準備動画をアップ。だいたいの気温を予測して、推奨のウェアなどを説明しました。

まあ、動画アップが遅すぎたのが悪いのですが、ご覧にならなかったお客様が

 

インナーを着用して参加、「暑くてたまらなかった」

 

そうです。ごめんなさい。

 

 

 

さて、当日の朝、早朝4時30分集合の待ち合わせです。

「目覚ましのセットし忘れ」や、「集合場所を間違って天文館に行った」など、すったもんだがありましたが、なんとか予定通りに高速に乗り、会場入りできました。

 

文字にして書くと、とんでもなくヤラかしてる人達で早朝に集合してるわけですが、何気なくリカバリーできてるところが、さすが自転車乗り集団です。

 

来る途中、鹿屋の畑に「霜が降りている」のを見かけて恐れおののきましたが、凍えるほどの寒さではなかったので助かりました。

 

 

 

 

霧島ヶ丘公園内。

駐車場から受付会場へ!

 

高野さんの「走行上の注意」。ちょっと長いお話になって、進行の方から「巻きです」の合図が・・・

 

 

 

会場は大勢の自転車乗り達で賑わいました。

 

 

 

海沿いの素敵なルートを楽しみました。

 

 

当日の45kmコースを走った時の動画と写真を織り交ぜた12分ほどのショートムービーがあげてあります。

YouTube「坂之上サイクル」で検索ください。

 

坂之上サイクル youtube    「2023ツールドおおすみBコース45km」

 

 

 

 

 

 

 

お客様からも写真をいただきました。SHIGT様、いつもありがとうございます。

海沿いの、平坦で平和で幸せなルートはそろそろ終わりです。

 

 

 

そして、とうとう始まりました。チャレンジングな「激坂」がいきなり登場。

「押すべぇ、押すべぇ」の、賢明な先輩たちが続出。いやほんと、それが正解です。

 

 

 

 

まあ、初参加の女性人お二方も、足をつくことなく登り切りましたけど。さすがです。

 

 

さあ、一路、「鹿屋体育大学」を目指して進みます。

 

 

 

ラストは、あの「バラ園」の北側に見える「バラルプデュエズ・鹿屋つづら坂」を上らされるかと覚悟してたのですが、気が付くともう「西側の坂」を途中まで上ってました。バラ園名物、「上らなきゃ帰れない、ラストの坂」を上ってゴールです。

 

今回のBコースのなかには小学生はいませんでしたが、ファミリーコースの方ではもう、名物の、「泣きながら坂を押して行く小学生」がみられたことでしょう、きっと。この坂で。

 

 

 

 

 

はい、そしてゴールです!お疲れ様でした!

 

 

「うりゃ!」

 

「ツールドおおすみ、完走しました!!!とうとう!」

 

 

「いやー、足付かないで坂を上り切って、ちゃんと完走して、お見事です―!」

 

「こっち向いてくださいー。

はい、チャーシューめん!!!(パシャッ!)」

この日はラーメン選手権が行われてて、一般の来場者も多くて、各ラーメンブースに長蛇の列が・・・・ラーメンは好きですが、長蛇の列が嫌いな中島は、ラーメンの食券を行使せず。。。

 

この記事を読んで、「え゛ーー、ラーメン食べたかった・・・」と思われた参加者、少なくないかもしれませんね。

 

 

なんと、Aコースの方々には、「ラーメン券」の配布は無かったのだとか。。。ラーメン券は、Bコースの昼食の位置づけだったようです。Aコースは途中のエイドで「何とか丼」があったそうですが。

Aコースグループが帰ってくる頃には、ラーメン店ブースはもう、撤収に入ってたかもです。30kmのファミリーコースには「ラーメン券」はどうだったのかしら。不明です。

 

中島がゴールのブースで目ざとく見つけて、でも、Bコースの人は食べられませんと断られた、「ぜんざい」が、Aコースのみの奉仕品で、帰ってきた参加者にふるまわれたようです。

 

 

「ぜんざい」食べたかったなあ。。。。

行列嫌いでラーメン食べられず、

Aコースにエントリーして7000円支払いながら、訳あってBコースに変更した

自転車屋さんの、わびしい、つぶつぶアンコ、いやいや、つぶやきでした。井村屋さんの「つぶつぶ汁粉缶ジュース」でも、買って飲むかな。

 

 

はーい、ラストでーす。こっち向いてー「また、走ろ!(パシャッ!)」

 

 

 

帰りも高速道路で快適でした。最終解散は夕方6時くらいでした。ちなみに、当日の帰り、桜島フェリールートを選ばれたお客様から、「乗船まで2時間半ほど待たされてしまった」という情報がありました。垂水フェリーも時間がかかることがありますし、帰還のルート選びは気遣いの要るところがあります。

皆さま、どうもどうも、お疲れ様でした!

 

次は、2024年2月の、「児湯グルメライド」かな!

« Older Entries Newer Entries »