お知らせ

レベル☆サイクリング 「人吉球磨サイクリング大会 Aコースラストの坂を制覇!そしてゴール!!」

2018-10-28

「人吉球磨サイクリング大会」、とても楽しく走らせていただきました。

鹿児島からのアクセスも良いので、皆様にお勧めできる大会と思います。来年度のご参加、どうぞご検討くださいませ。

 

■中島はパナソニック号で参加。午前中はBコース。午後からAコースの変則参加。(風邪の体調もあって、Aコース登録をBコースに変更していただいて参加。午後からはコースミスで気が付いたらAコースを走ってた模様。第3エイドではまたBコースに合流したのですが、残り距離が物足りなくて、Aコースの山岳ルートを堪能した)

 

 

 

 

 

 

■ Aコースの最後の山岳の頂上。いい写真が撮れました。T様、ポージングありがとうございました!

 

 

 

 

■「おかえりなさい」のバルーンゴールがお出迎え。

 

 

 

 

 

■ 女子のサポートチームから「あまぁ~い補給」と、、、

 

 

■お約束の「お汁粉」です。。。

 

 

 

 

 

 

(感想。当日記録文)

人吉球磨サイクリング大会(正式名称が別にあります…)、無事に走り終えました。ありがとうございました!

好天に恵まれ、球磨川沿いのとても素敵なコースで、関係者の暖かいもてなしもあって充実したサイクリング大会でした。

中島は金曜日から風邪気味で発熱がありましたが、だいぶ引きましたので、一応 大事を取ってAコースからBコースへ変更して走りました。昼食後は、間違えてAコースを走行、行けそうだったので、そのままAコースの峠を越えてゴールしました。

ゴールの大会会場では、美味しいスイーツとお汁粉が準備してあって、参加者の疲れを癒してくれました。

写真を撮り忘れましたが、ウッチャンナンチャンの内村さんが人吉市の出身という事で、写真パネルと応援メッセージが掲示されてました。

この大会は、人吉市球磨川周辺の風光明媚なロケーションが生かされていて、また、行政関係もサイクリングロードの整備に注力されている事もあって、今後ますます発展しそうな感じに見受けました。(行政関係者も一般参加者に混じってBコースに参加されてました)

大会関係者の皆様、ボランティアの皆様、参加者の皆様、どうもどうも、お疲れ様でした。ありがとうございました。本大会のますますの発展を期待いたします! 中島

レベル☆サイクリング 「人吉球磨サイクリング 昼食会場 」

2018-10-28

第3エイド です。

レベル☆サイクリング 「人吉球磨サイクリング つづき」

2018-10-28

60kmの第1エイドです。

レベル☆サイクリング 「人吉球磨サイクリング大会 スタートします!」

2018-10-28

本日は10月28日は、熊本県人吉市の球磨川周辺をサイクリングする

「サイクリングinひとよし球磨」

が開催されてます。

人吉城跡地(?)をスタートして、いずれも球磨川周辺を獲得標高1500mの100kmコース、獲得500mの60km、片道は電車移動の30kmファミリーコースと順次スタートしてます。

昼食会場がすべて同じと、素敵な大会です。天気にも恵まれました。

レベル☆プロ 「カンパニョーロ 『ウルトラトルククランク、BB30カップ』取り外し画像サイズ1000×1000 です」

2018-10-27

中島です。おはようございます。

(ある意味、これまでよく平気でやってたなと我ながら感心してますが、)日頃の不摂生から遂に風邪をひいて熱が出てきましたよ。(o^^o)

そして、ルルとタフマンを飲んで何とか働ける状態に戻しました。\(//∇//)\

明日28日の「人吉球磨サイクリング大会」は、様子を見て不参加か、60kmコースへの変更が可ならそちらで。٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ウム、まだちょっと寒気がしますね、無理はプロ的にキンモツですから。

さて、不慣れなワードプレスのチェックがてら、画像付きで「カンパニョーロ コンポ」の整備を公開します。

画像サイズ1000×1000(ピクセル?)ですが、どの程度の大きさに表示されるのでしょうか。前回、iPhoneのアプリ経由で投稿したものは600×600のサイズでしたが。

当店で組立した、カンパニョーロの電動コンポ「アテナEPS」搭載の自転車を整備いたしました。

アテナEPSは、11速EPSシリーズの末弟、現在はほぼそのまま「コーラスEPS」に移行しております。作業のメインはBB取り外し清掃ですが、クランクはパワートルク、フレームはカーボンでBB30と、、、、、ƪ(˘⌣˘)ʃ

訳の分からない呪文的な専門用語を書きましたが、これは、カンパニョーロを扱うプロショップでも、経験が無いメカニックなら「おーっと、それはちょっと、、、。(でけんかも….)」となる作業だったりするわけであります。

カンパニョーロの「パワートルククランク」に「BB30」のカップ。。。組付(圧入)は割と普通にいけるのですが、取り外しがえらい大変、と言いますか、特にパワートルククランクは特殊な専用工具が無ければ分解が不可能な構造なのですね。メーカー純正工具が無いので、社外の指定品を調達しなければなりません。

そして、カップを圧入するタイプのBB。現在は叩き出すしか無く、ジワっと引き抜く(押出す)プーラーのような工具が、そもそも世の中に存在しない(?)。

おーっと、いけません、風邪ひきさんなので、くどいブログはやめておきます。

中途半端ですが、写真は、パワートルククランクを特殊工具で分解したところ、そして、市場では存在しない事になってる「幻のBBカッププーラー」(圧入BBカップ押出し専用工具)です。

写真のサイズ、どうかな?

« Older Entries Newer Entries »