お知らせ

「CSアンテナ、FMアンテナ、設置完了しました!」

2022-07-22

 

 

🙂  前の店舗で使っていた物を外して荷物で持ってきていた「CS用パラボラアンテナ」と「FMラジオ放送用VHFアンテナ」、やっとこさ川上町の古民家に設置しました!

 

 

毎度お世話になります、中島です。まだまだ店舗オープンの準備に時間がかかっております、すみません。

 

現状、大工さんの作業は95%出来上がりなんですが、電気工事や入り口を広げる土木系の工事がまだなので、店舗オープンまでもうちょっとかかります、すみません。

 

 

屋根の補修が終わり、とりあえずのケーブル配線もできたので、CS放送用のパラボラアンテナを取り付けて調整まで終わりました。

お客様のFU様にお手伝いいただきました。どうもありがとうございました。

 

なお取付けについてですが、実は中島、TV/CSアンテナ関連会社に在籍経験があったりして、お客様のお手伝いをいただいて自前で取付け調整しました。

一般的にはBSやCSなどのパラボラアンテナの設置は、やたらと調整がシビアで気難しく、相当の根気と専門的情報とたくさんの時間と労力が必要になりますので、チャレンジを楽しみたい方以外は、(コスト的にもそんな高くないと思いますので)電気屋さんにご相談されてください。

 

プチ情報ですが、

□ BSは「放送衛星」、CSは「通信衛星」、で、もともと事業者向け「通信衛星」として打ち上げられたCSが、電波法の改正で一般家庭でも視聴できるようになり、現在は「民放テレビやNHK」のBS放送、「スカパー」のCS放送の2種類が衛星放送とされています。

 

□ BSの衛星とCS(110度)の衛星は、日本の上空の何となく近い位置にあるので、最近のものは一つのパラボラアンテナで2つの衛星電波を受信できます。

 

□ チューナーからアンテナ受信部に弱い電気を送っているので、接続時に電気ショートなど起こさないよう注意が必要です。

 

 

東開町ではアンテナレベル「65ポイント」くらいだったのが、今回、「95ポイント」くらいまで上がりました。

数字はスカパーチューナーでの表示ですが、単位は多分「デシベル(マイクロボルト)」です。

 

実はこのアンテナ、丁度よいくらいに調整した時、パラボラのお皿がマストに当たってしまってました。東開町では同じように設置して不思議と上手いこと使っていたのですが、本来なら短いマストの先っぽに取り付ける「ベランダ設置タイプ」だったようです。そういえば、東開町の前の「坂之上」のお店では、屋根の上の短いポールの先端に取付けしていたような気がしてきました。

 

ということで、

 

はい、

 

 

 

マストと干渉する部分をカット!

中島が設置して、このアンテナ史上最高レベルの98をたたき出しました!

 

なんか、何の役にも立たない報告となってしまいました。すみません。真似はされないでくださいませ。

 

 

ちなみに、FM放送用のVHFアンテナはまだ繋いでなくて未調整です。おそらくですが、このままで(未調整でも)「NHK宮崎FM」をはじめ、県内すべてのFM局が聴けると思います。

 

ちなみに(が多くてすみません)、FMアンテナの設置は店内でFM放送を流すためのものですが、FM放送は店舗で流しても著作権上の問題がないからなんですね。逆に、CDやサブスクリプションの音楽を無許可で店舗で流すと法律違反になるようです。CDをBGMとして使うときの著作権上の年間使用料は6600円だそうで、余裕が出たら申請しときましょうかね。。。

「古民家の雨漏り修理に取り掛かりました!」

2022-07-07

毎度、中島でございます。

皆さまにご心配お掛けしつつ、ちょっとずつちょっとずつ進んでおります。

 

本日は七夕だったですね。同時に本日は、高島易断によるコヨミ上の所謂(いわゆる)「お日柄の良い日」だったので、当初この日を「プレオープンの日」に選んでいたのですが、ちょっと読みが甘すぎたようで結局まだ開店までこぎつけませんでした、すみません。。。

 

何となく格好がついてくるのは7月下旬頃と見ておりますので、もう少々お待ちくださいますようお願いいたします。

 

 

 

本日も雨が降ったり止んだりで、瓦屋さんも大変そうでした。

「ジャイアント社の新型プロペル、ツールドフランスでデビューウィン!」

2022-07-06

一位、(青ジャージ)フルネーウェ―フェン選手と新型プロペル。左(黄色ジャージ)はユンボ・ウ゛ィスマのファンアールト選手とサーベロ。その隣(白ジャージはトタルエナルジーに移籍したペテル・サガン選手とスペシャライズド。

 

 

チーム「バイクエクスチェンジ・ジェイコ」に機材供給するジャイアント社の新型プロペル(プロトタイプ)がツールドフランスで御披露目され、第3ステージで今年新加入のフルーネウェーフェン選手がゴールスプリント勝負を制してデビューウィンを飾り、チームが使用するCADEXホイールと新型GIANTフレームの性能をアピールしました!

 

 

7月1日から開催されているツールドフランスにおいて、ジャイアンのサポートを受ける「チーム.バイクエクスチェンジ.ジェイコ」の全選手が、新型プロペルと思われるプロトタイプモデルをメイン機種として使用している模様です。

GIANT社が展開しているCADEXホイールも、強化型のカーボンスポークを採用した新型モデルが投入されているようです。

 

※ 写真、情報はシクロワイヤードさんの記事より。

 

 

GIANT社のホームページでも、フルーネウェーフェン選手の勝利と新型CADEXホイールの活躍が紹介されています。

→ GIANT社ホームページより。

 

同社のホームページでは新型プロペルについて触れてませんので、詳しくはシクロワイヤードさんの記事をご覧ください。あの、トニー.マルティンさんがチームアンバサダーを務めてらっしゃるのですねー。開発にも一役買ってるものと(勝手に)想像すると、GIANTファンとしては嬉しい限りです。トニー.マルティンさんは世界屈指のタイムトライアラー。昨年のツールドフランスで例の「オミ・オバ」迷惑ボードでぶっ飛ばされた選手です。

 

 

強化型カーボンスポークの新型CADEXホイールを中心に紹介している、GIANT社のホームページ

以下、シクロワイヤードさんの記事より。

 

 

フルネーフェン選手の勝利を喜びあうチーム関係者の様子から、チーム環境がとても充実している感じが伝わってくる気がします。

 

 

 

 

 

新型プロペルと思われるプロトタイプモデル。チーム全員が使用中。

 

 

 

 

 

 

メインパイプの翼断面や緩いスローピング、オフセットしたシートステーなどにエアロロード(プロペル)としての特徴を残しながら、より「オールラウンド」なテイストに振られた感じの新モデル。

これは、前回モデルチェンジされているヒルクライムイメージ(?)のTCRが、ややエアロ系に振られた手法と逆のアプローチですね。新世代TCRと(プロトタイプ)プロペル。オールラウンドに使える使い勝手のいい高性能機種が2種類あるという事で、チームバイクエクスチェンジジェイコの選手達も、より勝利に近くなる事でしょう。

 

 

 

 

新型ボトルケージ?も出るのかな?こちらもちょっと期待。。。

「参政党のお話」(編集しました)

2022-07-05

こんにちは! 3日(日曜)はダレきって少しサボってた中島です。すみません(雨でしたし 😯 )。

 

さて、自転車屋さんのブログで政党の話題を持ち出すのは「極めて異例」ともいえるのですが、新型コロナウイルスの騒動をはじめ、世界や日本国内で起こる気色悪い変化、こうも世の中が激しく動き始めている様子等を目の当たりにしていると、この流れに合わせて自らも変化していかないといけないような気がして、選挙前のタイミングでもありますし、ちょっと変わった記事でございますが、すみません。

表記の政党の紹介記事ですので、気になる方だけ読み進みくださいませ。

 

 

中島が国際問題で特に気になるのが、香港に続いて「台湾」の主権を脅かそうとする大国の動きがあることです。もはやスポーツバイク生産のメッカとして重要な生産拠点国となった「台湾」の独立維持は、自転車関連事業者としては大変重要な事であり、憂慮すべき事態は看過できないわけですね。

 

また、インターネットを中心としたSNSやユーチューブなどの発達で、既存のメディアが報じ続けて当たり前と思わされていた「物事の表面」とは別に、実に様々な視点からの「裏面」や「側面」、「背景」などが紹介されるようになり、結果として既存のメディアの情報が適当に「切り取られた一部」に過ぎないことがあからさまになり、その信用度を勘ぐる人も増えてきました。

 

さりとて、テレビや新聞で大々的に取り上げられてる内容は信用してしまいがちですし、逆に、世間一般であまり認識されてなければ「ホンマでっか」みたいに薄いまなざしで見たくなるしで、それも人間の性(さが)みたいなもんでしょうがありません。伝えられる情報がいったい「正しいのかフェイクなのか」、その人が「誠実なのか不誠実なのか」、それを見極めるのは各人の責任、見極めのスキルに任されています。

 

中島は「さもありなん」という言葉が好きで、「そんな事(意外な事)もあるかもね・・・」のような意味合いなんですが、漢字では「然もありなん」って書くんですよね。自然の「然」を充てるんです。個人的にはオシャレだなぁ、とか思うのですが。。。

 

物事を表面のみで見るのでなく、いろんな角度から分析して、より本質に近づける、そんな「賢い分別のできるスキル」を常日頃から養っていきたいものです。

 

 

 

 

さて、下の→はユーチューブで勢力拡大中、「参政党」設立メンバーの一人「松田 学」さんの政治演説の動画です。中島が個人的にとても興味を惹かれる内容だったのでご紹介します。ご興味のある方はどうぞ。

→ 参政党 参議院議員候補者 松田 学 さんの街頭演説  7月2日 大阪難波

ユーチューブチャンネル「KEI family」様より引用

(松田 学さん  参政党創設メンバー5人のうちの一人 元大蔵省官僚 元衆議院議員)

 

なお、明日5日(火曜)は、参政党創設者のお一人、ホンマでっかTVなどでおなじみの「武田邦彦」先生が鹿児島で街頭演説されるようです。

 

スケジュールはコチラ

~~~~~~~~~~~~
①12:00~13:00
天文館センテラス前にて街頭演説
ーーーーーーー
②17:00~18:00
鹿児島中央駅東口薩摩の群像前にて街頭演説
ーーーーーーー
③19:00~21:00
県民交流センター大ホールにて個人演説会

 

テレビや新聞では報じられない内容が、武田先生の例の面白おかしくて分かりやすい口調で語られると思います。

今、日本で、世界で、地球で、いったい何が起こり、どうなろうとしているのか。何かヒントが得られるかもしれません。

 

「2022年、下半期突入しました!(7月1日)」

2022-07-01

猫ちゃんウェッ

嘔吐(おうと)に応答無し

おぅ父さん・・・・

毎度お世話になります。最近、「うつ伏せに突っ伏したまま気が付いたら朝」という件が増えてきた中島です。良く寝てます。

朝起きて、布団の上でなんか「冷やっとするモノ」をつかんだと思ったら、猫のクロちゃん(女の子)が「ウェッ」としたカリカリでした。

「ウェッティーなカリカリ」まみれにならなくて良かったです。うつ伏せから寝返りもしないほど熟睡してるので、クロちゃんが「ウェッ、ウェッ」とかなっても、応答できません。

猫ちゃんは時々、「ウェッ、ウェッ」とやって(毛づくろいで飲み込んだ毛玉を吐き出す)そこは問題無いのですが、後片付けは人間のお仕事なものですから。

いやいや、そんな「ウェッティーなカリカリ」の話はどうでも良くて、もう、昨日から自転車の世界が動き出して、もう大変です。昨日第一報をお届けしたかったのですが、眠くて眠くてクロちゃんのゲロのとなりで気絶してました、すみません。

2022年が後半を迎えようとするタイミングの昨日、自転車関連の様々な情報が解禁になりました。(中島が、以前からの情報にやっと気づいた、というのも混じってますが)

今回はサクッと写真で簡単なご紹介のみです。ごめんなさい。

⬜︎ 中島の新しいお店の名前は「坂之上サイクルけだな古民家」ですが、まだまだ出来ておりません。

⬜︎ GIANT社の新しいマスコットマークが公開されてました。

⬜︎ GIANT社のトライアスロン用のプロトタイプフレームが「CADEX tri」として正式発表されました。5月のトライアスロン世界選手権でデビューウィンを飾っております。

⬜︎ いよいよ2022年「ツールドフランス」がスタートします!Jスポーツにて生放送されます。本日は第一ステージ、個人タイムトライアル!

あー、見たいけど、アンテナはまだまだ繋がらないので観れません。観てるヒマ無いですけど。

今年のプロレースでは、GIANT社の名作マシン「トリニティ」がカナリ活躍しております。

⬜︎ シマノ社の普及コンポーネント「105」が、12速/電動シフトdi2の新型「R7100」として発表され、同時に新型105搭載の完成車も複数メーカーから公表されました。

新型105のコンポーネント価格は約20万円、カーボンフレームの完成車は40万円後半の価格帯です。

« Older Entries Newer Entries »