サイクリングやイベント等のお知らせ・レポート

日曜サイクリング「今日は走ってる人、多かったですねサイクリング」

2021-02-08

こんな、うららかな春先の陽気の中を自転車で走ってると、つくづく

「健康的だよなぁ、よくぞ自転車好きに生まれけり…」

などと、おセンチに感謝せずにはおられません。鼻水をタラシながらですが。

※ おセンチに → センチメンタルに → 感傷的に、哀愁 寅さんが言いそうな古い言い回しですかね、

※ 鼻水 → 悲惨な飛散に注意しましょう

道を見上げると、待ち兼ねたと言わんばかりに木々は芽吹き、牧歌的な農村の風景を垣間見れる素敵なコースには野焼きの煙も上がり、燻製(くんせい)仕上げのサイクリスト達のペダリングも益々コク(漕ぐ)深いものとなってきます。

だっチューのに、

「いやー、もう寒さは要らんから、このままあったかくなればいいのに…」

などと、贅沢を言ってみたりもします。

※ 「だっチューの」は1998年の流行語大賞だそうです。中島が創業した思い出深い年でもあります。

今日はロードバイク乗りと多くすれ違いました。緩む寒さに合わせて、少しずつ走り出す人が増えてきた感じがしました。

写真、走行コース データ

⬜️ 2021年 2月 7日 日曜サイクリング

お茶の里 (春山)

苔アート (明治維新ロード)

泉石蔵 手打ち蕎麦、オコワ (犬迫)

しんこ団子 (チェスト館)

早朝だけど、温泉も入ったし、組立があるので仕事しますね。

皆様もどうぞ良い一日を。

日曜サイクリング「金峰レクの森でマウンテンバイク!」

2021-01-27

毎度お世話になります。坂之上サイクル東開フィットの中島です。

先日の日曜日24日は、南さつま市金峰町高橋にある「金峰ドーム」の敷地(レクの森?)のオフロードコースを、お客様方とマウンテンバイクで走りました。

コースは、お客様のボランティア作業のおかげで、敷地内いっぱいに広がるダブルトラック&シングルトラック約3kmの本格コースに仕上がってました。

※コメ知識

⬜️ダブルトラック 4WDのSUVや軽トラックが通行できる幅のあるオフロード。敷地内の管理道路ですね。

⬜️シングルトラック 自転車のみが走れる幅で、森林公園内の雑木林にルートを設けたもの。コーステープなどで仕切られる場合もありますが、こちらのコースは「刈り払いされた草の道」または「自転車が通ったあとの轍(わだち)」で判断します。雑木林の中のクネクネ道で、コントロールにテクニックが必要、なかなか楽しいですよ。

当日の朝まで結構な降雨があったのですが、このコースは全体的に固めの砂地質と芝生が中心の良質な路面で水ハケが良く、泥濘み(ぬかるみ)もなく快適に走れました!

暖かくなって草木が生い茂る前に、さらにコースを走り回って、地固めしておきたいところですね。

またご案内出します、よろしくお願いいたします。

お昼はみんなで近くの物産館「木之花館」で

いただきました。

シラス丼が美味しかった!

こちらはお客様の分。

ああ、そちらにしとけば良かったの

「木之花館定食(?)」です

なぜか「志布志までふらっとサイクリング」(編集しました)

2021-01-18

お店が定休日の本日1月13日、風もなく陽気な日和となりました。

 

キナちゃん(写真と本文は関係ありません)

 

中島は久しぶりにソロサイクリングに出かけました。ホント、久しぶりです。

目的地は志布志まで!

 

 

東開町から陸周りで行くと、グーグル先生が志布志まで110数kmと教えてくれました。

 

「という事は、垂水フェリーを使って行けば、自転車での走行距離は70kmぐらい。鹿屋を通って行けば、ハードな峠は無かったはず。楽勝‼︎ 😀 」

と、

相変わらず、自分の事となると、割とラフな判断で準備も大雑把で、おかげ様で、ちょっとドキドキな、素敵な冒険でした。結果は何とかオーライで、無事に家に帰りつきました。

志布志からの帰り、九州自動車道の桜島サービスエリアで休憩中したり、加治木まんじゅうを食べたり、某大学空手道部OBらしい菅総理大臣の談話を聞いたりしながら、事の顛末顛末)をご報告いたします。

 

 

 

1月13日(水曜)「中島、フラっと志布志へ行く」の巻

 

その朝、いきなりの問題発生からスタート。

 

⬛︎ イキナリの問題発生  その1

自転車で志布志までの走行距離70kmは、楽勝。お昼を垂水フェリーの中で、うどんでも食べて、、、

などと、呑気に構えて、まずい事になってるのに気付きました。朝寝というより、早朝から他の用事をやり過ぎてました。

予定では、16時までには志布志に着きたい。

 

という事は、70kmをいいテンポで走っても3時間はかかるから、13時には垂水港から走り出してないと…

だいたいにして、「垂水〜鹿屋〜志布志」の距離が本当に70Kmなのかも怪しい、ノープランの中島。

 

てことは… 😯

 

てことは… 😯

 

「てことは 😯 」と、考えるのが遅すぎました。

 

逆算すると、東開町を11時には出ないといけないのに、まだ実家の吉野に居て、軽く青ざめてる :mrgreen: 中島。10時過ぎてるし・・・

お休みの日に、吉野から高速道路で東開町に向かったのでありました。

 

とりあえず、東開町のお店から用事の先方様に確認したら、17時まで大丈夫との事で、軽い奇跡に救われました。

何とかなりそう・・・

問題その1 解決!!!!

 

 

 

軽い奇跡に救われたものの、余裕はないのでバタバタと出発!中島号で走り出しました!

ビンディングクリートを「カチッ」とはめて加速、が、はまらん・・・

ビンディングクリートを「カチッ」とはめて加速、が、はまらん・・・

ビンディングクリートを「カチッ」とはめて加速、が、はまらん・・・

 

て、ペダルは「タイム」なのに、「ルッククリート」のシューズ履いてきとるやん!

 

■問題発生その2 シューズ履き間違え

「まあ、このまま行くかぁ」、という訳にいかず、まだ近くだったので、シューズを履き替えてきました。

問題その2解決!!!

 

 

結局、12時前ごろ、やっと東開町を出発、12時過ぎには鴨池港に着いたものの、次の出航は13時との事。

このスケジユールは、垂水港を自転車で走り出すのが14時で、志布志に2時間でいくのは無理なので、志布志到着が「16時まで」だったらアウトなとこでした。

2時間で70km、平均速度35kmで2時間って、トム・デュムランじゃあるまいし、、、、

17時でOKのうれしい誤算に、ありがたや、ありがたや・・・感謝いたします・・・

 

 

鴨池港 乗り場

⬛︎ 問題発生 その3

いかにあわてて出てきたか。中島。

志布志行きのマイバイクには、夕べ(今朝方)の作業の時の防護カバーが着きっぱなし。まあ、間違いじゃないけど、恥ずかしい。

 

 

 

 

カッコ悪いので外します。

⬜️ 垂水フェリーのゴミ箱に捨てて、問題その3 解決!!!!

 

 

 

 

 

 

 

昨日 遅くの作業が実はコレ。

 

 

中島号のヘッドパーツを交換したんですね。茶色のパーツです。これまで動いてはいたんですけど、ベアリングが傷んでて動きが渋かったんです。パーツを仕入れたのは3、4年前の事。やっと替えました。

メイドインジャパンが輝かしい。ヘッドのマークは中島のオリジナルです。

 

 

 

 

 

垂水フェリーのうどんを楽しみにしておりましたが、出航までまだ時間があったのと、結構いいペースで走る事になりそうだったので、早めのお食事を鴨池港の近くでとりました。

 

 

 

ホカホカ弁当の「ホットモット」さん発見!チキン南蛮弁当を食べました。

「(注文して)早いのはどれですか」と聞いて頼んだら、ものの数十秒で出てきました。さすが、ホットモットさん。自販機コーヒーより早かったかも。

 

 

 

 

こんな日は、絶対に「足つり対策」やっておかないと後悔します。

この準備だけはバッチリですね。

(足つり防止サプリ ザオラルの塩タブレット)

さあ、ザオラルも飲んだし、1時の船にも無事乗れて、2時前には垂水港を走りだせるので、70Km3時間は楽勝!

客室でダラダラ休憩しながらブログ記事でも書いて・・・・のはずが・・・・

 

⬛︎ 問題発生 その 4 「スマホのバッテリーが切れても大丈夫、モバイルバッテリー持ってきたもんね」・・・いやいや、充電ケーブル置いて来たー!」

という事で、垂水フェリーでイチゴオレの写真撮った後、スマホバッテリー残が急下降、で、投稿はお預けに。

 

 

 

 

イチゴオレを持って指差すは桜島、そして、志布志はそのはるか向こう側。

そんなことやってる場合じゃない、唯一の情報源のスマホが電池切れ寸前のため、強制的にシャットダウンしてバッテリーをセーブします。

 

垂水港を自転車で走り出して、鹿屋体大に向かってバイパスを登り、鹿屋の街中のセブンイレブンに到着。

で休憩と、

⬜️ アイフォン用の充電ケーブルを買って (1300円) 問題 その 4、解決ー!!!

 

 

 

のハズが、

 

 

⬛︎ モバイルバッテリーの充電が「空っぽやんけー」で、問題発生 その5に・・・

⬜️ 同じセブンイレブンで、単三電池4個で充電するやつ買って(1800円) 問題 その5も解決ー!

 

 

 

 

 

 

今回のサイクリング、もっと充実したドラマ風味の記事に仕立てるつもりだったんですが、そんなこんなで写真も風情も無くなりました。ごめんなさい。

申し訳程度の途中の写真。大崎町?のカブトムシと

「デカイ ! 」と、訴えたいと思うのですが、大きすぎてうまく撮影できておりません。左手で触ってるのは、カブト君の前足だったと思います。

 

このあたり、志布志まで残り10kmほど、時間は16時前、やっと余裕が出てきて写真撮れたんですね。。。

 

 

 

 

 

志布志の町中に入り、目的地まではあと4kmほど、イートインのある新しいファミリーマートさんで休憩と、目的地の確認。

 

 

そして、今回の目的地は「志布志港」。県道を右折して「志布志大橋」を渡って目的地です。

 

 

 

今回の企画は、中島が東京日産のディーラーさんから購入した中古車の「マーチ君」が、志布志の港止めで届けられたので、「自転車で行って引き取ってこよう」というものでした。

帰りは車に積んでくる、自転車の片道サイクリングでした。

 

 

 

 

 

 

16時40分ごろ着いたのかしら。なんとか上手い事いきました。ありがとうございました!

中島の新しい(中古車ですが)通勤用マイカーです。

 

 

志布志の港には、陸送で届いた車や、これから運ばれる車などが止めてありました。

 

 

 

志布志港の陸送の窓口「マルエー」さんの方が、鹿児島から自転車で来た事に、さらには昼に出て到着している事に、たいそう驚かれました。ありがとうございます。自転車乗りにとっては、ナイスで嬉しい反応です!

その自転車も積み込みました。

帰りは普通に車です。

 

 

 

 

 

マーチ君と夕日と

 

 

 

 

 

 

こうなると分かっててはいたんですが、荷物の省略のために、靴は持ってきませんでした。

 

行きはビンディングシューズですからねェ。ビンディングシューズでは運転できないので、帰りはくつ無しの靴下歩きです。

 

 

 

 

ガソリンスタンドやらコンビニやら、サービスエリアやら、靴下でウロツキました。

本人さえ気にしなければ、意外と誰も気づかないものです。

 

 

 

 

おおっと。(桜島サービスエリアに留まって記事書いてたら、もう夜の9時ですね)  長くなってごめんなさい。

 

靴下歩きですけど、お茶でも買って、帰ります。

本日も、いい一日になりました!ありがとうございました😊

 

 

 

めでたし、めでたし、のハズが、

 

 

 

⬛︎ 問題発生 その6

桜島サービスエリアで自販機に向かう時、靴下が脱げそうになって、素足がバレると思って靴下を引っ張り上げてたら、

 

 

脚がつりました。イテテテテテテ…

⬜️ とっとと帰って、早く塩サプリ飲んで、問題6も解決ー!

 

 

 

 

 

とか言いながら、桜島サービスエリアで「カタ焼きそば」食べてから帰ります。

 

 

 

 

 

世界の皆様に、幸あれ!

いよいよ、レストランでも靴下姿で平気になってきた中島。問題解決の冒険をして、たくましくなったのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

おうちに到着、ゆっくり休むはずが

 

■ 問題発生その7 何があたったのか、夜中にすごい胸やけが・・・

■ 切なくリバースして、緑の胃腸薬飲んで問題その7 解決ー!!!

 

 

 

 

ちなみに、垂水港から志布志までの距離は51kmでした・・・

 

中島、軽くへこむ。

 

(終了)

2021年「初日の出サイクリングはご来光見れました!、ソバも食べたし」

2021-01-03

2021年が始まりました!

本年も皆様に良き年となりますように。また、引き続きご愛顧のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

2021年 元日の早朝まだ暗いうちから、毎度恒例の「初日の出サイクリング」にお客様方がお集まりくださいました。

例年、出かけるのが遅れ気味で、目的地に着く前に

「中島さん、太陽出ちゃってます」

というような事が多かったので、今年は早めに出かけて余裕がありました。

場所は宇宿の先のマリンポートです。元日だけは特別に早朝6時に開門されてます。

マリンポートは近年、県民の憩いの場所として良い雰囲気で、利用者も増えているように思います。

天気予報では鹿児島地方は「曇り」だったのですが、日頃の行いが良い皆さんが集まったおかげで、山々の影から見事な「初日の出」を拝む事が出来ました。

約10数分の御来光をいただき、初日は上側の雲の中に隠れてしまいました。

(その後のサイクリングは、日の光が無くて少し寒かったですね)

マリンポートの来園者は、初日の出を拝むとともに、駆け足で退散される方も多くて、お客様方と、

「デパートの初売りにでも行くのかな?」

とかウワサしてたら、出口が大渋滞するのですね。ポート入り口の信号から先は問題無いと思うのですが、園内のあちこちの駐車場から出庫の合流が多くて、奥(海側)の通路はチワワの散歩より進まない悲しい状態に。

脇を優越な気分で自転車で抜けて、大変失礼しました。

今回は、日の出を見た後、4カ所ほど神社を巡りましたが、分散の呼びかけもあってか、どこも例年に比べて閑散としてました。

少ないところは10分の1から5分の1くらいに見えましたが。

中には、少ないと言っても、そんなに減ってないようなところもありました。(信奉者が多いのかな?)

お清めの水に優先する、アルコールかな

今時の風景 ヒシャク無しです

梅之淵観音の下の立食いソバ屋さんで、あたたかいお蕎麦をいただきました。

写真を撮り忘れました。

イメージ

(桜島フェリーの、しかも「うどん」だなァ …)

人生で初めて、(元日早々に)小豆からぜんざいを作ってみました。

難しくはありませんでしたが、作り過ぎました。あと、豆の煮える時間をナメてて、元日早朝からあわててしまいました。

そして、写真も撮り忘れました。

イメージ

(ツールドおおすみより。)

実際は、大量の小豆と餅で、汁が少なかったです。2日の昼まで、ぜんざいだったです。

本年もこんな感じにほのぼのとやっていきます。よろしくお付き合いくださいませ。

イベント☆情報「ツールドおおすみ2020」11月29日 開催されました!

2020-11-29

いいお天気でした。ヘルメット.サングラス.マスクで誰か分からないのでウエブに載せやすいですが、怪しさ全開です。

写真4枚は朝7時50分ごろ、開会式前の風景です。やや肌寒いかな程度の気温、サイクリングには好条件のいい天気でした!

鹿児島県で最大のサイクリングイベント、

「ツールドおおすみサイクリング大会」

が、主催者の御苦労や参加者の協力も合わせ、晩秋の大隅路を走る110km、50km、25kmの3コースに分かれて盛大に開催されました!

中島は以前からのご報告通り、お客様方と一緒に110kmの佐多岬往復コースを走ってきました!

最大距離110kmの部は、本土最南端の佐多岬までの往復です。中島も参加。予定より少しだけ遅れて8時10分ごろスタート予定。

まずはAコース110kmが間も無くスタート、順次、Bコース、Cコースとスタートです。

さて、ここから「ツールドおおすみ」の魅力を広くお伝えしていかなければ。

ですが。

何分にも練習不足他もろもろで、

「余裕が無い」

「写真撮ってる場合じゃない」

「ギヤが残ってない」

「メーターの台座は2つ付いてるけど本体が一個も無い」

「ポイント押さえてない」

のナイナイ盛りで、とりあえず現場第一主義でレポートの事は忘れ、一所懸命走りました。すみません。(~_~;)

でも、おおすみ路のサイクリングはとっても楽しく、地元のおじちゃんおばちゃん達も沢山声援を送ってくださり、元気を分けてもらいました。どうもありがとうこざいました!

佐多岬ちょっと手前、昼食会場に着きましたー

今回、中島の都合で(夕方は早く上がりたかった)、乗り合わせで会場入りしたお客様方とは結構前の方で走ってました。エイドもいいテンポで早めに出たので、昼食会場に入ったのは10時半ごろだったんですかね。

昼食が早くに準備してあって、待たされる事が無かったので助かりました。

我々が食べ終わる頃には、お弁当テントの前には長蛇の列が…

豚うな丼の供給に時間がかかってたような…

すみません、お弁当の写真がありません。

唐揚げ

お昼前、参加のお客様

今回は、お昼(佐多岬往復手前)が早く、その後のスタートも自由だったので、自分達のテンポで走れて良かったです。

お昼のスタート後は、佐多岬までは行かず、復路のルートに合流したところで折り返して帰路につきました。

終盤、脚がほとんど回らなくなってた事を考えると、無理しなくて良かったです。

復路のエイドのぜんざいが美味しかった!

ゴールしましたよー!

ゴール前、最後のバラ園への激坂はコタエましたねー。

バラ園への最後の上りがキツいのは分かり切ってるのですが、なんか、いつもと違う裏ルートへ案内されて…

ご期待に漏れず、現れる激坂。

ギヤはもう、はるか彼方のユルイ上りからファイナルローだし、脚は残ってないし、

「コリぁーもう、ジグザグ走行だぁー」

とやってると、後ろから勢いつけた参加者が来てそうもいかず、

「降りて押して、クリートが減るのもイヤだぁー」

と、ヘッピリ立ち漕ぎでクネクネなんとか登りあげ、やっと緩やかな道に。

そんな坂の途中、ゴールはもう近いはずなのに左手にエイドがありましたよね。

ほとんどの参加者は止まらず通過して行きましたが。

中島はなんかイヤな予感がして、エイドのスタッフに尋ねて正解でした。

「この先、まだ激坂が残ってますよー^_^」

で、

積極的にエイドを利用させていただきました。

精神的にこと切れて自転車を降りることなく、「エイド」があるから止まるんだー、みたいな、素敵な言い訳の設置に感謝です。

イヤイヤ、この裏ルートはホント勘弁してほしいです。(苦笑)

今年もどうも、ありがとうこざいました!

« Older Entries Newer Entries »