サイクリング大会やイベント等のお知らせ・レポート

日曜サイクリング会「熱中症に注意しよう&烏帽子岳マウンテンバイク サイクリング」

2021-07-20

 

 

 

 

 

 

7月18日(日曜)のサイクリング会は、平川町方面 烏帽子岳の林道をマウンテンバイクで走りました。

 

錫山自然遊歩道のオフロードを含め、総走行距離は20kmほどでしたが、出発地点に戻ったのは13時前と、たっぷりのサイクリングでした。

 

 

 

 

 

 

 

途中、知覧の茶畑で、待望の自販機を発見、冷たい飲み物で癒されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月18日のデーター

 

⬜︎9時くらいスタート

走行距離 約20km

獲得標高 たぶん600mくらい

熱中症 約1名

 

 

 

 

 

さて、この日は中島、烏帽子岳の7合目付近で、それって、

「熱中症じゃない?」(のちょっと手前くらい?)

が疑われるような、調子の悪い状態が発生しました。

クラクラするほどではないのですが、心拍が最高値を通り過ぎて、脳内から「クールダウンせよ」な、黄色サイレンが鳴らされてる感じがしました。

ちょっと長めに休憩をいただいて、ウェアを脱いでクールダウン、湧き水で身体を冷やし、何とか事なきを得ました。

その後、頂上までゆっくり登った後は、イージーなルートに変更して戻ってきました。

先週の日曜は、日差しも強い中 峠越えもこなした中島でしたが、ふとした事で簡単に熱中症になり兼ねない危険が身近にある事を気付かされました。

自己判断してストップできるうちはまだ大事に至らないと思うのですが、自転車で走行してると風で冷やされるので、なんとなくボーっと走り続けて、適切な判断力も失われてしまい、「パタッ….」と、いかないとも限りません。

せっかくのナイスな体験でしたので、熱中症になりかけた中島の要因を分析して、皆さまの参考になればと思います。

 

 

 

 

「中島みたいに熱中症になる人の不手際 8選」

 

 

⬜︎ 前日夜のツールドフランス生放送を見過ぎて寝不足。しかも、朝寝坊して準備がバタバタ

 

⬜︎ 食事や水分補給、塩分補給など、一連の知識が豊富であり、対策を充分にしている(つもり。。。過信)

 

⬜︎ 日中の走り込みもそこそこしており、肌も焼けてきて慣れている (はず。。。過信)

 

⬜︎ バイク、ペダルなど、機材も充分で問題無く、補給やペース配分、心拍データへのケアも抜かりがない (だから大丈夫。。。過信)

 

⬜︎ 前日が泊り込みだったのでいつものウェアが無く、ビブショーツだけではふくらはぎを草木で痛めるかもと思い、ジャージを重ねばきしていたが、これが熱がこもって暑かった

 

⬜︎ 前日からの胃腸不良や寝不足で、朝から調子が芳しくなかったのだが、イベントの主催者なので休めない ( コレは良くありがちなパターンですね。ステージの壇上に居ながら、パタッと倒れる、そんな感じ。お察しします)

 

⬜︎ 日頃から身体能力の90%オーバーを意識している人。常に無茶しがちなので、なんでもないところで一人レッドゾーンに突入してたりする。

 

⬜︎ そんなこんなでも、「そうだ、スタート前にアレ食べとけば、調子が出る」と、先週調子が良かった時のように、お店の売り物である「メイタンサイクルチャージブラック」(賞味期限切れ)を2袋スタート前にチャージする。カフェインが入ってるので、気分が変に高揚、これは不摂生な身体には良くなかったかも。

 

 

大事に至らなければ、また楽しく走る事も出来ますので、早め早めの適切な判断をすることとしましょう。

参加の皆様、どうもありがとうございました。お世話になりました。またよろしくお願いいたします。

日曜サイクリング「雨上がりに夏の入来峠と郡山古民家カレー」

2021-07-12

各地で激しい雨などが心配されておりますが、皆様お変わりありませんでしょうか。

今週は鹿児島市でも雨模様が心配されていた日曜サイクリング会でしたが、雨雲が消えて良い日和になりましたので、思いっきり走ってきました。

初夏の優しい太陽を浴びながら、ジワジワと上昇しそうな体温を走行風で冷やしつつ、ぼちぼちのペースで休み休み楽しみました。

東開町を出て、フレスポ前から皇徳寺団地へ上り、さらに春山交差点まで上り「お茶の里」で休憩。

「チェスト館」まで走って休憩。

「ファミマ郡山」まで走って休憩。

川の水はさほど増水してないように見えますが。濁ってもないし。山陵から向こうの斜面側の降雨量が多かったのかしら。

ここから、入来峠を上りました。標高は400mオーバーだったと思います。以前は入来峠と言えば、素直に真っ直ぐ「国道328号」を上がっていたのですが、最近はもっぱら「小山田川田蒲生線(県道211号)」を上ってます。

明桜館高校先の交差点を右、セブンイレブンの交差点を左ですね。川沿いで涼しいですし、車がほぼ来ないので、楽しくヒルクライムできます。上手くルートを取れば、国道328号のループ橋より高いところに出れます。

カレーの前に、少々の郡山観光を。

お客様が、甲突川の源流の池を紹介くださいました。

冷たい湧き水もいただきました。冷たくて美味しかったです。

郡山の街に下って、古民家カレー「沙羅」さんで、西郷どんカレーをいただきました。とっても美味しかったです。ナンをお代わりして2枚、シャーベットもいただきました。

残念ながら、バッテリー切れの為、カレーの写真無しです。申し訳ございません。

次回またよろしくお願いいたします。

日曜サイクリング「暑いけど伊作峠、そして日吉から伊集院、東京タワー」

2021-07-04

 

 

 

 

暑くなってきました。皆さま、お元気でいらっしゃいますでしょうか。

 

 

本日7月4日の日曜サイクリングでは、とっても素敵なランチに出会いました。ご紹介くださいましたお客様に感謝です。

 

本日のコースは、もやは定番となりつつある、伊作峠から日吉に向けてのルート、約60kmでした。伊作峠の頂上付近は自販機が無くなってしまって、サイクリストにとってはちょっと残念、軽く休憩したら、神の里公園までジュース飲みに移動しました。

 

途中、前から気にはなっていた、「黒川の縄文時代の遺跡」を探検してきました。

 

 

 

 

 

 

(参考写真 過日の物)

神の里公園で休憩後、日吉の御菓子屋さんへ。

前田屋さんです。

 

 

 

 

(参考写真 過日の物)

※ 写真を撮り忘れて、一部前回の写真を引用しております。

 

 

 

 

 

 

 

で、今回はとても素敵なランチにありつけました。感動!

 

とっても素敵な場所に、ナイスなオープンデッキ、お手頃価格の上品でヘルシーなランチと、3ジュウマルでございました。

 

 

お客様の分  なんとかセット コーヒー付き

 

 

 

 

中島のオーダー分 なんとかセットのカレー こちらもコーヒー付き ともに税込1000円

 

 

 

 

 

 

 

お店のあちらこちらに素敵なオブジェがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オープンデッキのカウンターから望む、薩摩半島南西部の素敵な眺め

 

 

 

 

 

食後のコーヒー

食器、スプーンなど、オリジナルの一品もののようです。

お隣が陶器の展示館になってました。

 

 

 

いつもありがとうございます。ご馳走さまでした。

 

 

 

 

そうそう、

 

帰る途中の

 

◆「東京タワー」、

 

◆「スカイツリー」、

 

◆「円盤」、

 

◆「お向かいの店の看板」

 

も紹介しておかないと、、、、、

 

 

 

 

 

 

ああっつ、 空飛ぶ円盤が写ってない!

 

確かに見たんですが、、、

「2021年 ツールドフランス オフィシャルボトル」

2021-07-01

2021年の「ツールドフランス 」オフィシャルボトルが入荷しました。

 

 

 

 

定番のマイヨジョーヌカラー 税込み900円

 

 

 

 

750ml ロングボトル 税込み1100円

 

 

 

 

ブラックボトル 裏は今年のコース図 税込み900円

 

 

「照葉樹の森サイクルジャンボリー」返納品ありました

2021-06-14

 

 

いつもお世話になります。

 

先月、残念ながら中止となってしまった「第13回 照葉樹の森サイクルジャンボリー大会」についてです。

 

関係の方々、競技者の方々、ヒルクライム愛好家の方々、それぞれ色々と大変だったとは思いますが、いずれまた訪れるであろうチャレンジの場でお会いする事、楽しみに過ごせたらと思います。

ところで、先日、主催の自転車競技連盟さんから、大会余剰分の返納品として、2000円相当分のQUOカードが届きました。

 

 

 

 

 

 

大会運営の関係の方々は、準備から片付けまで大変な労力だった事と思いますが、さらに剰余分の再分配、返納の手間など、難儀を背負う形で参加者の気持ちを汲む良い判断をされたように思います。(変な上から目線でごめんなさい)

 

 

近年、大会実施要綱であらかじめ、「(どんな場合も)返金無し」をうたうイベントが大多数になってきております。

 

大会の運営側は相応に大変、中止であってもコストはかかる。近年はなんとなくそんなイメージだけで明確な決算の説明は無いまま、参加者は「中止の判断に従う事」や、「いかなる返金も無し」という事を承知した上での申し込みが、参加に当たっての誓約に含まれているわけです。

 

 

大会が普通に実施された場合は何ら問題はないのですが、一方で、大会が中止された場合、本来得られていたであろう参加費の対価に対する逸失利益の処置の不透明さに、「やや違和を感じる」という話も耳に入ってきておりました。

単純には、「当日のお昼ご飯代は払ってるのに、お昼無しで返金ゼロ?」みたいな事ですが。

 

これが10数年前だったら、サイクリングイベントが多少の雨や風で中止になる事は滅多にありませんでした。

当時は「リスク管理や主催の責任所在」などがまだまだ甘かったと言えばそうですが、あくまでも「自己責任」優先、人同士の相互信頼が厚かった時代とも言えるかもしれません。

天候による中止が稀で、走るかどうかは参加者の判断任せ、主催都合の中止→「返金どうする」という事自体がほぼ無かったわけですね。

 

 

ところで近年は、天気予報の信頼度も高まってきました。数日先の天候予想ができるようになり、主催側が早めの「中止判定」を出す事で、遠方からの参加で宿泊予定のある参加者にとってはキャンセルが効く範囲内であればコスト的に助かるという、よい面も出てきております。

 

 

話は戻り、「第13回照葉樹の森サイクルジャンボリー大会」の返納品QUOカード。

 

 

 

今回の鹿児島県自転車競技連盟の処置は多いにフェアな精神を感じました。

その「額」、というよりも、再分配するという姿勢にですね。素晴らしい!

 

 

はい、まとめに入ります。中島の勝手な理想ですが。

運営側の「返金無し」の理由にもし、「剰余金の再分配が大変」というのがあるのであれば、今回の

「QUOカード」

の郵送で返品、というのを参考にして欲しいですね。

QUOカードは300円くらいからあるようで、(中島は以前150円くらいのを見た事がある気がしますが)郵送可能なので、手間を除いた実費ベースですが、一人辺り500円以下の剰余金分配も可能かと思います。

 

あくまでも中島の私見ですが。

« Older Entries Newer Entries »