サイクリングやイベント等のお知らせ・レポート

日曜サイクリング「暑いけど伊作峠、そして日吉から伊集院、東京タワー」

2021-07-04

 

 

 

 

暑くなってきました。皆さま、お元気でいらっしゃいますでしょうか。

 

 

本日7月4日の日曜サイクリングでは、とっても素敵なランチに出会いました。ご紹介くださいましたお客様に感謝です。

 

本日のコースは、もやは定番となりつつある、伊作峠から日吉に向けてのルート、約60kmでした。伊作峠の頂上付近は自販機が無くなってしまって、サイクリストにとってはちょっと残念、軽く休憩したら、神の里公園までジュース飲みに移動しました。

 

途中、前から気にはなっていた、「黒川の縄文時代の遺跡」を探検してきました。

 

 

 

 

 

 

(参考写真 過日の物)

神の里公園で休憩後、日吉の御菓子屋さんへ。

前田屋さんです。

 

 

 

 

(参考写真 過日の物)

※ 写真を撮り忘れて、一部前回の写真を引用しております。

 

 

 

 

 

 

 

で、今回はとても素敵なランチにありつけました。感動!

 

とっても素敵な場所に、ナイスなオープンデッキ、お手頃価格の上品でヘルシーなランチと、3ジュウマルでございました。

 

 

お客様の分  なんとかセット コーヒー付き

 

 

 

 

中島のオーダー分 なんとかセットのカレー こちらもコーヒー付き ともに税込1000円

 

 

 

 

 

 

 

お店のあちらこちらに素敵なオブジェがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オープンデッキのカウンターから望む、薩摩半島南西部の素敵な眺め

 

 

 

 

 

食後のコーヒー

食器、スプーンなど、オリジナルの一品もののようです。

お隣が陶器の展示館になってました。

 

 

 

いつもありがとうございます。ご馳走さまでした。

 

 

 

 

そうそう、

 

帰る途中の

 

◆「東京タワー」、

 

◆「スカイツリー」、

 

◆「円盤」、

 

◆「お向かいの店の看板」

 

も紹介しておかないと、、、、、

 

 

 

 

 

 

ああっつ、 空飛ぶ円盤が写ってない!

 

確かに見たんですが、、、

「2021年 ツールドフランス オフィシャルボトル」

2021-07-01

2021年の「ツールドフランス 」オフィシャルボトルが入荷しました。

 

 

 

 

定番のマイヨジョーヌカラー 税込み900円

 

 

 

 

750ml ロングボトル 税込み1100円

 

 

 

 

ブラックボトル 裏は今年のコース図 税込み900円

 

 

「照葉樹の森サイクルジャンボリー」返納品ありました

2021-06-14

 

 

いつもお世話になります。

 

先月、残念ながら中止となってしまった「第13回 照葉樹の森サイクルジャンボリー大会」についてです。

 

関係の方々、競技者の方々、ヒルクライム愛好家の方々、それぞれ色々と大変だったとは思いますが、いずれまた訪れるであろうチャレンジの場でお会いする事、楽しみに過ごせたらと思います。

ところで、先日、主催の自転車競技連盟さんから、大会余剰分の返納品として、2000円相当分のQUOカードが届きました。

 

 

 

 

 

 

大会運営の関係の方々は、準備から片付けまで大変な労力だった事と思いますが、さらに剰余分の再分配、返納の手間など、難儀を背負う形で参加者の気持ちを汲む良い判断をされたように思います。(変な上から目線でごめんなさい)

 

 

近年、大会実施要綱であらかじめ、「(どんな場合も)返金無し」をうたうイベントが大多数になってきております。

 

大会の運営側は相応に大変、中止であってもコストはかかる。近年はなんとなくそんなイメージだけで明確な決算の説明は無いまま、参加者は「中止の判断に従う事」や、「いかなる返金も無し」という事を承知した上での申し込みが、参加に当たっての誓約に含まれているわけです。

 

 

大会が普通に実施された場合は何ら問題はないのですが、一方で、大会が中止された場合、本来得られていたであろう参加費の対価に対する逸失利益の処置の不透明さに、「やや違和を感じる」という話も耳に入ってきておりました。

単純には、「当日のお昼ご飯代は払ってるのに、お昼無しで返金ゼロ?」みたいな事ですが。

 

これが10数年前だったら、サイクリングイベントが多少の雨や風で中止になる事は滅多にありませんでした。

当時は「リスク管理や主催の責任所在」などがまだまだ甘かったと言えばそうですが、あくまでも「自己責任」優先、人同士の相互信頼が厚かった時代とも言えるかもしれません。

天候による中止が稀で、走るかどうかは参加者の判断任せ、主催都合の中止→「返金どうする」という事自体がほぼ無かったわけですね。

 

 

ところで近年は、天気予報の信頼度も高まってきました。数日先の天候予想ができるようになり、主催側が早めの「中止判定」を出す事で、遠方からの参加で宿泊予定のある参加者にとってはキャンセルが効く範囲内であればコスト的に助かるという、よい面も出てきております。

 

 

話は戻り、「第13回照葉樹の森サイクルジャンボリー大会」の返納品QUOカード。

 

 

 

今回の鹿児島県自転車競技連盟の処置は多いにフェアな精神を感じました。

その「額」、というよりも、再分配するという姿勢にですね。素晴らしい!

 

 

はい、まとめに入ります。中島の勝手な理想ですが。

運営側の「返金無し」の理由にもし、「剰余金の再分配が大変」というのがあるのであれば、今回の

「QUOカード」

の郵送で返品、というのを参考にして欲しいですね。

QUOカードは300円くらいからあるようで、(中島は以前150円くらいのを見た事がある気がしますが)郵送可能なので、手間を除いた実費ベースですが、一人辺り500円以下の剰余金分配も可能かと思います。

 

あくまでも中島の私見ですが。

6月13日 日曜サイクリング会「知覧の山道(林道)もやっぱり楽しかった」

2021-06-14

天気の良い日曜が続きまして、楽しく日曜サイクリング会を開催させていただいてます。

今週は知覧峠方面へ遠征、知覧峠に集合して、(軽くテニス女子を見て)、御菓子屋さんのRANKOさんの下の辺りから山道を散策しに調査進入、指宿スカイラインに抜けて出てくるコースを楽しみました。

ルートとしては、かなりの斜度でひたすら上る、スーパーローギヤ必須の健脚コースですが、平日には林業関係の作業が活発にされてる風で道の整地状態も良く、皆でグダグダ言いながら楽しく走れました。

湿度が120%くらいに感じて汗が流れ出ますが、時折山の中から冷たい風も流れてきて、爽やかさと木々の香りと、ともかく気持ちいいです。

古い林道らしい、制限速度20kmの貫禄ある看板が。

山の頂上まで舗装が施されてそうな山道ルートを発見。皆さんと探検に。

携帯電話の電波塔が建ってました。

標高606mの頂上です。

なんとなく、指宿スカイラインに出てこれました。

レベル☆サイクリング「日曜サイクリング会 アジサイ&伊作峠&前田屋さん&麻里花さん」

2021-06-07

本日も日曜サイクリングを楽しみました!

 

参加の皆様、どうもありがとうございました!

東開町のお店を8時半ごろ、ゆる〜くスタート、アジサイ坂のある慈眼寺の考古歴史館へ。

 

 

 

 

 

ほーら、キレイでしょ、でしょ!

 

 

 

 

やっぱり登場の劇坂?15%?

 

そして伊作峠。

 

下って永吉ダム

 

 

 

 

放流中

 

 

 

 

 

 

 

 

山神の里公園で休憩

 

 

 

 

 

県道270号を北上(左手はすぐ東シナ海です)、県道37号線方面へ入り、小正醸造さん近くの御菓子何処「前田屋」さんへ。

 

オヤツタイム!

 

 

boseのミニコンポから吉田拓郎さんの音楽が ♪ ~

お店のご夫妻が大ファンだそうで。。。

 

 

 

 

ここのマルボーロ、表層が薄くカリッとした食感に仕上げてあり、中島は好きです。

( ^ω^ )

 

 

 

 

最近は食パンも大好評みたいですが、前田屋さんビギナーの中島はやっぱりコレ

 

 

 

 

「海亀千寿」かめチーズ

 

 

 

洋風な甘しょっぱいチーズと、和風おまんじゅうのコラボが素敵な一品です!

 

 

 

 

 

 

 

 

伊集院方面へ向かう上り坂之上途中の古民家カフェレストラン「麻里花」さんでお昼ごはん。全員初めてでした。広々とした店内、席も大きめテーブルでゆったり。ちょうど良いタイミングで席も空いておりました。

 

前田屋さんで、よくぞパンを食べなかったものの、小腹はすでに埋まってる状態だったので、中島はレディースセットを頼みました。

 

レディースセットながら、期待の外れるボリューム感が素敵です!

 

中島の感覚で、ここ数十年来で、最大ボリュームのランチ(レディースセット)がテーブルに来ました。こちら。食べきれるかしら???

 

 

 

 

これでもか!

 

 

食後の飲み物だって、デザート付き!

 

 

さあ、食べて!

 

 

美味しいから、食べて!

 

 

お客様方の他のランチもスーパーボリュームのようでした。

 

 

お客様がちょっと躊躇(ちゅうちょ)して、結局頼まなかった「男メシ」ランチというのがあって、後ろのテーブルに座ってたお年を召された御夫婦の旦那様が注文されて、密かに注目してました。

期待を裏切らないスーパーボリュームの善が届けられ、旦那様の驚くようなうめくような「うぉ、うぉ、」っという声が6回くらい聞こえて、心配になりました。

御夫婦で「残すな」だの、「もったいない」だの喧嘩にならなかった事を祈ります。(ちなみに奥様もスーパーボリュームのレディースセットでした)

ご馳走さまでした。

 

 

 

帰りの上り坂でサラダがのどから出てきそうになりましたが、まあ、大丈夫でした。消化には優しいお料理でした。

 

無事に午後14から営業開始しました。

 

本日もどうも、ありがとうございました!

 

 

« Older Entries Newer Entries »