サイクリング大会やイベント等のお知らせ・レポート

ユーチューブ☆坂之上サイクル「ツールドおおすみ反省会その2 中島個人編」(公開いたしました)

2021-11-02

ユーチューブチャンネル「坂之上サイクル」

 

「2021ツールドおおすみ反省点その2 中島個人編」

 

2021年 11月 1日 投稿  約15分の動画です。

 

 

  コンテンツ

 

◎ 今年は体調も良く無事完走。毎年この時期に絶不調のサイクルが重ってた。獲得標高1500mでホッ!

 

「踏まない」「ハシャがない」「頑張らない」戦法開眼 (フルマラソンをずっと急ぎ歩きみたいな)

 

 

 

◎ 結局、ずいぶん雑なウェア着こなしだった

 

 

 

 

◎ やっぱり時間管理が甘い中島、おまわりさんに心配されるし

 

 

◎ 「中島よ、幸運の女神ってのは、ショートカットなんだ」 By某先輩

 

イベント☆情報「2021ツールドおおすみサイクリング大会」

2021-10-31

連携 ユーチューブ動画 

ユーチューブチャンネル 「坂之上サイクル」 11月1日 アップ

→ 「2021ツールドおおすみ 早出し 坂之上サイクル反省会」

 

 

 

 

 

 

4時起床。これからお店に行って準備、お客様と6時待ち合わせです。

スヌーズ機能で15分余計に寝た分だけ余裕がなくなりました。

何かと用事で睡眠時間 約4時間でした。(6時間以上は欲しいかったですけど)

 

 

 

 

 

 

 

開会式が始まりました。走行時の注意が競技役員の高野さんから説明されてるところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大会会場は、鹿屋市中心部からは東側に位置する串良町の「串良平和公園」でした。ツールドおおすみの会場としては初めての場所で、駐車場のキャパシティも大きく、高速道を下りてからのアクセスも程よく良い会場でした。

さて、すみません、写真がまた少ないです。

枚数は多く撮ってるのですが、押さえのポイントが、アレもコレも結構抜けてました。

ではいきます!

 

 

 

110kmコース スタート前

 

 

 

 

 

 

 

4個目のポイント地点「でんしろうの森」

 

 

 

 

 

 

この先たぶん、頂上?さらに行くと、太平洋が見えてくるはず。

 

もうすぐ見える?

 

もうすぐ見えるの?

 

っまだ見えないの?

 

 

 

 

見えた!

 

 

来ました!太平洋!!!

 

 

 

 

 

岸良海岸 エイド  さつま揚げが美味しかったです。おこぼれ待ちの猫ファミリー。

 

 

 

 

昼食会場「IHIスペースポート内之浦」

 

 

 

 

 

ロケット発射台が見えました

 

 

 

 

エイド「ふれあいパーク内之浦」

 

 

 

 

メカニックサポートカー

 

 

 

 

 

ゴールしました!

 

 

 

 

 

⬜︎⬜︎⬜︎

「2021年ツールドおおすみサイクリング大会」 簡易まとめ(ユーチューブ用)

◎ 総評 大変良かった!

◎ 今後のブラッシュアップに期待

◎ ウワサの真相?「獲得標高」

◎ ウナギが「有った、無かった」

◎ ウェア選択、まだまだ未熟

◎ オマワリさんから注意される

 

ユーチューブ「坂之上サイクル」

   2021ツールドおおすみ 反省会 (早出し)

 

レベル☆サイクリング「10/10 いつもの伊作峠から日吉、伊集院サイクリング」

2021-10-11

このコースはどの時期でも、何回来ても気持ちがいいです!

 

毎度お世話になります。坂之上サイクル東開フィットの中島です。

10月10日の日曜サイクリングの様子をレポートいたします。

 

 

ツールドおおすみ前という事もありますし、何より気温が、風が、木々の緑が、お米収穫の賑わいがもう、自転車で走る喜びを盛り上げてくれて、サイクリングに至福の感動をいただきました!同じように楽しんで走ってらっしゃるサイクリストをあちこちで見かけました。

各地で割と人出が多くて、いつものランチのお店も順番待ち1時間との事だったのであきらめ、ココはまた次回に譲ることに。。。(ランチは大概、昼時の時間をズラしてアクセスするので、こんなに混んでてスグ入れなかったのは初めてでした)

 

 

中島周囲のお客様方は、季節に関係無く年中自転車を楽しまれてるので、行楽シーズンとか意識する事は無かったのですが、世間一般からみたらまさに、いまどきの時節は行楽シーズン真っ只中だったのですね。納得。

 

我々は常にもう、「走り出したらいつでも行楽シーズン!」なのかもしれません(^^)

 

参加の皆様、いつもありがとうございます。どうもお疲れ様でした!

⬜️⬜️⬜️⬜️⬜️

2021年 10月10日 日曜

「いつもの伊作峠と日吉の前田家さんと麻里花さん」

◎ 天候  快晴 気温 程良く高め やや風

◎ ウェア  半袖 膝上レーシングパンツ

◎ 距離  50kmくらい?

◎ 獲得標高  約700mくらい?

◎ 8:00〜15:00

◎ ルート   東開町〜谷山駅前〜南高前〜伊作峠〜永吉ダム〜神の里公園〜日吉 前田家さん〜麻里花さん〜伊集院〜春山 お茶の里〜皇徳寺

永吉ダム湖にかかる赤い橋

何処へ通じてるのか興味深いです。

 

 

 

 

ああ、青い空が素晴らしい!

不二家ネクターの美味しい事といったらありません!

 

 

不二家ネクターの美味しさに、もう一杯頂かないことには収まりません。

、、、、、、「桃ネクターおかわり」のはずだったのが、

ネクターのとなりに並んでた、「レモンスカッシュ」の誘惑に負け、ネクターの代わりにコチラをシュワシュワといただきました。

 

 

 

 

 

 

いつもの「前田家さん」でお世話になり、

お食事は近くの「麻里花さん」へ。

このボリューム。

 

 

 

 

 

このボリューム。

 

 

 

 

 

 このボリューム。

 

 

 

 

 

 このボリューム。

 

 

 

 

 

これでもか、このボリューム。

 

 

 

 食べきるか不安、このボリューム。

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ途中、まだこのボリューム。そばの麵をあらかた食べたところで一休み。

スープを飲むとお腹が膨れて残りが入らなくなるので控えめに。まだ小鉢2皿は手付かずです。ミカンは持って帰ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

食べきりました。ホッとしました。御馳走さまでした。

デザートと飲み物が来ました。

 

 

 

 

 

 

デザートも美味しい!

 税込み1000円でした。

 

 

 

 

 

本日もどうもありがとうございました。

またよろしくお願いいたします。 中島

イベント☆情報「ツールドおおすみ情報 Bコース国見トンネル」

2021-10-09

(写真 グーグルマップさんより)

 

 

ツールドおおすみが近づいてきましたねー、

皆様、準備はよろしいでしょうかー!

 

ああ、ちょっとゴメンなさいの件が…

 

申し込み締め切り前に完売御礼となって、参加が叶わなかった方々があったようで…

確か中島、申し込みするかどうかの判断を、「(大会中止の可能性があるので)締め切り直前まで様子を見て」と何人かにお伝えしていたと思うので、申し込み出来なかった方々には申し訳ないことをしました。どうもすみませんでした。(自分は早々に申し込んでおいての事ですからネェ…、すみません…(〜〜”)   )

 

 

 

さて、今年全くの新コースが採用される事になっているツールドおおすみで、ルート情報から難易度が懸念されていたBコースの国見トンネル付近について、大会事務局から修正がありました。

 

 

写真 ツールドおおすみホームページより

 

 

 

良かった、ホッとしましたよねー。参加の方々もー。

ただ、トンネル入り口までの坂はやはり長くて、しかも結構な勾配がありますよね。

Bコースの目玉ポイントとはいえ、この辺りはまだまだコース全体の前半です。後半まで楽しんでサイクリングするためにも、

「この国見トンネル前の坂道で無理をしない」

コレが、今回のツールドおおすみBコース制覇のカギになると思います。(制覇と言っても、レースじゃないですからね(^.^””) )

 

僭越(難しい漢字が出ました、せんえつ)ながら、初心者プラスアルファレベルの中島、直近でこの坂をヘロヘロと上がり切った中島から、少しだけ「国見トンネル入り口までの坂対策」のポイントをお伝えしておくと、、、

 

 

◎ 坂道嫌いで、「斜度がキツくて漕げない」と思ったら、自転車を降りてトンネル入り口まで押し歩きして行った方が、後々良いでしょう。

 

◎ ギヤが残っていたら、「最後の一枚は残して…」とか考えるより、脚に負担のかからない優しいギヤを選んで回していった方が良いでしょう。

 

◎ 計測メーターをお持ちの方々は、「頂上まであと何km」より、「(標高差で)あと何m上れば終わり」と思った方が気分的に少し楽かも(?)なんて事があるかもしれません。個人的な見解です。

 

◎ ケイデンスがいよいよ40rpmを下回るようでしたら、無理やりケイデンスを上げてリズムで踏んだ方が、逆に楽になる場合もありますが、心拍計装備のベテラン様向けのテクニックですので、あくまでも無理は禁物です。ぶっ倒れたりすると大変なことですからね。。。ペダルを回せなくなったと感じたら、ゆっくりと歩いて進みましょう。

 

 

◎ ビンディングの方々は、「最後まで踏み上げて」とか考えて余裕が無くなって、ペダルを外す力まで失ってて、上り坂の途中で「フラフラッ、パタッ(ペダル外せなくて倒れる)」という、痛い現象が発生しかねないので、早めに諦め余裕をもって止まりましょう。

また、他人の痛い光景に出くわしたら、「本人が救助を欲しているか、それとも恥ずかしいから見ないでーと思っているのか」大人の分別で察してあげましょう。

 

 

 

 

◎ トンネル入り口付近に「美味しい人参がぶら下げて…」いえいえ、「美味しいジュースの自販機」があります。ほれほれ、もう一息です、コーラかなんか、楽しみにして!

 

 

 

 

 

今回、トンネル内の試走はしておりません。すみません。

 

 

⬜️⬜️⬜️国見トンネルデータ

入り口付近の標高 212m

出口付近の標高 212m

トンネルの長さ 3300m

トンネル内入り口から先はゆっる~い上り坂になってるとの事で、真ん中辺りが頂上(入り口から15.6m上る)で、出口までまた緩い下り坂らしいです。

上り、下りとも、計算上の勾配は0.93%です。

 

 

あと、

ライト必須です!

スタート時からもう、点けておきましょう。

フロントライトをデイライトで点滅にしてあった方々は、トンネル入り口で点灯に切り替えしましょう。

その他、大会側からの指示、注意事項によく配慮してご走行くださいませ。

 

本日もどうぞ、ご安全に。 中島

10/3日曜サイクリング「なんだ、ツールドおおすみBコースの国見トンネルは200mちょっとしかないんだ、わざわざ下見に行かなくてもよかったな。でもせっかくだから国見峠を頂上まで上るサイクリング」

2021-10-04

 

今回は車一台(エブリイ君)に「自転車4台と人類4人乗り合わせで遠征」のスペシャル日曜サイクリングでした。行きの垂水フェリーにて。

 

 

 

ガーミン530で出た、本日の移動イメージ。車とフェリーの移動も含まれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇◇◇◇◇

   毎度お世話になります。中島です。

2021年10月3日の日曜サイクリングのレポートです。

 

と、その前に、

このサイクリング会が企画された経緯を箇条書きで紹介しますと、、、

・10/31開催ツールドおおすみBコースの詳細図に、中級レベルとしては尋常じゃない800mを一気に上る山岳が含まれてた・・・

・いやいや総獲得標高1300mもかなりハードだし、中レベルのイージーさを望む(女性もいらっしゃる)参加者にはチョット・・・な高低差だよなー。

・ここはひとつ事前にコースを走りに行って、800m山岳のケア充実を大会実行委員会に進言せねば。

・Aコース(総獲得標高1800m!)参加のお客様方には関係ないルートで申し訳ないけど、800mを二回上って1600mの練習会という体で。。。

・参加者4名決定!なら、軽バンのエブリイ号1台+ラックでおおすみ遠征にチャレンジしてみよう!

・ところがどっこい、前日の打ち合わせでグーグルマップをいじってたら標高線が出てきて「国見トンネルの標高って、200mちょっと」が判明!?「はぁ?!」

 

どうも大会ホームページにある2次元バーコードリンク先のBコース詳細図の高低差表は、トンネルを認識してない模様で、総獲得標高も1300ではなく800~900m程度なのではと判明。みんな分かってたのかしら・・・

ただいま事務局にて、修正の作業をしていただいております。どうもありがとうございます。

 

 

てな経緯がありまして、ちと長ったらしい変なタイトルのサイクリング会になりましたが、結果的には上級者のマニア受けする、大変素晴らしいヒルクライムコースを確認できました。そのきっかけをくださった「ツールドおおすみ実行委員会」様には大感謝です。「どうもありがとうございました!!!」ただ、Bコース詳細図の変なとこについてはイジらせていただきますねー(~~)

 

 

⬜️⬜️⬜️ 2021年10月3日  日曜サイクリング会スペシャル おおすみ遠征

「なんだ、ツールドおおすみBコースの国見トンネルは200mちょっとしかないんだ。わざわざ下見に行かなくてもよかったな。でもせっかくだから国見峠を頂上まで上るサイクリング」

 

 

目的地到達  国見山 頂上 888m

 

 

 

 

 

 

■■■ サイクリングデータ

◎ 2021年10月3日(パリルーベの日) 7:00〜18:00 やや風、快晴、程良い気温

※この日、楽しみすぎて予定より大幅に遅れて開店しました。ごめんなさい。 😳

◎ 自転車走行距離 約40km

◎ 総獲得標高 約1,100m

◎ ルート 東開町~垂水フェリー~ 大隅広域公園〜県道561号(神之川〜内之浦線)〜肝付町〜国見トンネル前〜旧道を上る〜頂上(気象観測電波塔888m)

 

 

 

鹿児島の御岳、桜島山

 

 

 

垂水フェリーを降りて、道の駅「降りてすぐの右手、大きい所)」にて。エブリイ号には荷室と、キャリーで自転車2台(フレームのみ)初積載しての初遠征。

バックドアはフレーム1台積載でも重量で勝手に下りてくるので、ドアを開いた時の「つっかえ棒」があるとよいでしょう。今回は4台とも前後車輪を外しましたが、フロントギヤからのチェーン外れが曲者なので、次回は何らかのケアを考えましょう。

 

 

 

 

 

大隅広域公園に着きました。フェリーの乗船時間は40分くらい、降りてからは車で50分くらいでした。ここを拠点に自転車でスタート。Bコースのルートになっている県道561号を国見トンネルを目指して上がります。

 

 

本来のBコースは、串良平和公園スタートから南下してきて、交差点を左折、県道561号線に入って西方向(太平洋方向)に進み、国見トンネルを通って内之浦湾に抜けるルートを進みます。今回のサイクリングでは、Bコースのルートから少しだけ離れたところにある「大隅広域公園」に車を置いて、561号線の上りだけを走りました。ちなみに、大隅広域公園には「ゴーカート」じゃなくて、ドリフトもしちゃうくらいの「本格的なカート」が置いてあるとの事で、カートらしきエンジン音が遠くで響いておりました。

 

 

このルートでは定番の写真ポイントになってるようです。「自顕流発祥の地」

 

 

 

 

 

こっから先は、トンネルまで斜度約10%の坂が延々続きます。Bコースの参加者は、無理せずゆっくりとどうぞ。先は長いですので(~~)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bコースのルートとしては、県道561号線に入ってからしばらくはアップダウンの上り下りと緩やかな坂です。そこを過ぎて一旦上りが始まると、あとはトンネル入り口まで延々と結構斜度のあるある坂道が続きます。ガーミン君の不安定な計測でほぼ10%を表示しっぱなしでしたが。

トンネル内は確認しませんでした。すみません。日曜日の午前中で、交通量は10分に1,2台くらいのところだったかな。トンネルは長くて3km以上ありますので、参加者の方々はフロントライト・リヤライトをシッカリ点灯して走りましょう。トンネル内ライト点灯は当然のことですが、事故防止のためにも大会会場スタートの時点から昼間ライトで点灯・点滅させて走行するようおすすめいたします。

 

 

財宝温泉80円。中島よく利用してます。ありがとう。

 

 

 

 

 

あ、ここから国見トンネルではなく、左手の旧道に入ります。上級者向き。

 

坂道を楽しみましょう。

 

 

延々と10%、

 

つづら折りの先もまた10%、

 

もう、(笑)けてきます。

 

詳細は分からないまま上ったほうが幸せかな、どうでしょう。

 

 

 

 

上ります。

 

 

上ります。

 

 

上ります。

 

 

まだまだ上ります。

 

 

眺めは悪くないです。まだまだ先は見えません。ツールドおきなわの何とかダムの山岳ポイントに向かう「野々村 テル」の気分です。

 

 

延々と上ります。

 

 

まだまだ上ります。ずっと10パーセント。

 

 

上っても上っても坂。10%。上ってます。笑わずにいられません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてついに、山頂へと向かう(まだまだ山頂じゃない)分岐点に来ました。700mくらい?

 

 

おひとり、ちょっと引き返して写真撮ってこう。。。

 

 

 

 

 

「シャカリキ」野々村テルと富士山のシーンのごとく、

「ああ、魂はまだまだこんなに熱いのに、ゲートがあってこれ以上は上がれへんのかぁー!!!」

ってシーンのように、ゲートが行く手をはばんで、これ以上先へは、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って、もう一人中に入ってるし。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と書いてあるように、脇から中に入っていけました。

 

国土交通省様の理解ある処置と、利用者のご理解に感謝いたします。

 

敷地内は、礼節と感謝をもって、気を付けてお参りさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

ついに山頂に着きました!ありがとうございます!!!

 

 

 

 

 

真ん中でとがっている山が「高隅山」でしょう。高隅山のほうが山頂は高いですが、車道があるのは途中まで、山頂へのアクセスは徒歩で登山となります。

 

 

 

 

うっすらと見える、標高888m。

 

 

志布志湾と、白い石油コンビナート(備蓄基地)が見えます。

 

 

 

 

 

 

 

旧道の入り口で想定していた頂上までの所要時間は約50分で、11時30分着の予測だったんですが、実際は1時間オーバーの12時30分ごろやっと頂上に到着しました。公園を出てから約2時間半、ほぼ上りっぱなしですか。まあ、休憩もしましたけど。それにしても上りましたねえ。。。

※ 帰りの下り道、また財宝温泉の自販機前で休憩しましたが、下り坂に飽き飽きしました。まだ寒くなくて良かったです。

 

 

 

びちく基地

 

 

 

高隅山山系と気象レーダー

 

 

 

 

 

野々村テルが山頂から上ってきた道を見下ろす気分。

 

「こんなとこ、上ってきたんかいなー!」 

 

 

 

 

太平洋側 内之浦の街が見えます。

 

 

 

分かりにくいですが、左側の山の稜線から突き出ている、カタツムリの目のような2本の白い構造物が、内之浦ロケット基地の施設らしいです。

 

 

 

垂水フェリー垂水港近く、道の駅に戻ってきました。

 

 

 

 

 

 

お昼ご飯、海鮮丼。新鮮でずっしりしたボリュームがありました。

 

 

 

ソーシャルディスタンス。

 

 

 

垂水から見る桜島山はほっそりしてうつくしいですねぇ。

 

 

 

我慢してたけど、やっぱり我慢できずに、でも、気持ちちょっと小さめのコーラ。

 

 

 

 

 そして、ガーミン君によるサイクリング遠征の軌跡。

 

 

 

□□□□□ ご視聴どうもありがとうございました。音はありませんでしたね。インスタグラムに動画が上がってます。

« Older Entries Newer Entries »